DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

フォルクスワーゲン、ChatGPTを採用した車載AIアシスタントを標準搭載へ

最終更新日:2024/01/22

フォルクスワーゲンは、音声アシスタント「IDA」に「ChatGPT」を採用したモデルを発表。2024年第2四半期より、量産車の多くに標準機能として搭載する予定です。

このAIニュースのポイント

  • 音声アシスタント「IDA」に「ChaGPT」を採用。ChatGPTを標準機能として量産車に提供する最初の量産メーカーに
  • IDA音声アシスタントを使用することでナビゲーションや空調の制御、一般的な知識の質問への回答が可能
  • ChatGPTは車両データにアクセスすることがなく、最高レベルのデータ保護を確保

フォルクスワーゲンは米国時間1月8日、ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES 2024」で、自社のすべての市販車にAIアシスタントを標準搭載すると発表しました。開発には技術パートナーである米セレンス社の技術基盤が使用され、フォルクスワーゲンの音声認識システム「IDA」に「ChatGPT」を組み込んでいます。

同イベント内ではIDAを搭載した初の車両でデモンストレーションが披露されました。例えば「薬が必要なんだ」と話しかけると、最寄りの薬局のリストが表示され、選択するように促します。
現時点では、エアコンの制御やナビゲーションへの指示、一般的な知識に関する質問や対話などに対応しています。

起動には従来のIDA音声アシスタントと同じように「Hello IDA(ハロー、アイーダ)」と声をかけるか、ハンドルのボタンを押すことで機能がアクティブになります。

また、IDAはセキュリティにおいても最高レベルのデータ保護が保証されており、ChatGPTの機能は車両データにそのままアクセスできないよう制限がかけられ、質問と回答は即座に削除されます。

この最新のAIアシスタントは、2024年第2四半期から順次搭載が開始されます。発表されている対象車種は、ID.7、ID.5、ID.4、ID.3、新型ティグアン、新型パサート、新型ゴルフとなり、フォルクスワーゲンはChatGPTを標準装備する初の量産メーカーとなります。

フォルクスワーゲン技術開発取締役会メンバーである、カイ・グリュニッツ氏は「フォルクスワーゲンは常にテクノロジーを民主化させてきた結果、AIを標準装備する初の自動車量産メーカーとなりました。今後もセレンスと協力し、フォルクスワーゲンの次世代車載アシスタントの基盤として、新しいLLMのユーザーエクスペリエンスを設計する協業を模索していきます」とコメントしています。

出典:Volkswagen Newsroom

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら