DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

トヨタTDとソフトバンク、AI活用で畜産DXを推進し牛肥育最適化へ

最終更新日:2024/02/08

トヨタTDとソフトバンクが共同で畜産DXプロジェクトを推進し、AIとセンサー技術を用いた牛の飼育プロセス最適化の技術検証を実施、生産性向上と環境負荷低減を目指します。

このAIニュースのポイント

  • トヨタテクニカルディベロップメントがAIとセンサー技術を用いて牛の成長をリアルタイムで監視
  • 効率的な給餌と出荷タイミングの最適化により、畜産農家の生産性と経営効率が顕著に向上
  • 畜産DXによる食料自給率の向上と温室効果ガス排出量の削減が実現、持続可能な畜産業への貢献

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社とソフトバンク株式会社は、畜産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速するための共同開発契約を締結し、牛の給餌量と出荷時期の最適化を目指す技術検証を実施しています。

このプロジェクトでは、カメラや環境センサ(温度、湿度、照度)により、肥育牛の摂食の様子や牛の全体像などのデータを取得し、AIの活用による牛の個体認識や摂食状況把握、体重推定を行い牛の成長の「見える化」を図ります。

現在、愛媛県西予市の株式会社ゆうぼくと宮崎県高原町の江田畜産株式会社の2拠点で技術検証を実施しており、AI活用による給餌方法の改善と出荷タイミングの最適化が期待されています。

今回の取り組みは、食料自給率の低い日本において、畜産物の安定供給と環境負荷の低減を目指す重要な試みであり、畜産業界における新たな価値創出と持続可能な生産体系の構築に貢献することが期待されます。また、この技術が広く普及することにより、畜産生産性の向上に伴う食料安全保障の向上と、肥育期間の短縮による温室効果ガス排出量の削減にも大きく寄与します。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
AI研究開発
DX推進
導入活用事例
農業・水産業
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら