DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

包装資材の研究開発にAIを活用。作業員が経験をもとに行っていた過程を機械学習

最終更新日:2022/08/08

包装資材全般の製造販売を行うリュウグウはSUPWATは製造業における研究開発の効率化を機械学習により支援する「WALL」を導入しました。最適化および研究開発工程の効率化が可能となるため、リュウグウの商品開発力の強化が実現できます。

このAIニュースのポイント

  • リュウグウはSUPWATは製造業における研究開発の効率化を機械学習により支援する「WALL」を導入
  • 作業員が経験をもとに行っていた素材の混合や設計における従来の過程を、過去の開発記録と照らし合わせ機械学習
  • 最適化および研究開発工程の効率化が可能となるため、リュウグウの商品開発力の強化が実現可能

株式会社SUPWATは、製造業における研究開発の効率化を機械学習により支援するサービス「WALL」がリュウグウ株式会社に材料業界で初導入されました。本システムは、リュウグウが製造する包装資材の研究開発における効率化および高度化を目的に採用されました。

リュウグウは包装資材全般の製造販売を主要事業とし、ポリ袋・レジ袋・ポリシート類、表紙・荷札・紙テープ等100種類を超える商品を取り扱う企業です。商品開発では強靭なポリエチレン袋「超ポリ」や環境負荷低減製品など、リュウグウ独自の配合技術により実現する研究開発に多くの時間が割かれています。また、商品の品質を担う品質検査工程は従来、熟練作業員の経験をもとに行われていましたが、業務負担に偏りが生じやすく、安定した品質管理にも大きな課題がありました。

そこでこの度、リュウグウが製造する包装資材の研究開発における効率化および高度化を目的に、SUPWATが提供する機械学習ツール「WALL」の導入が開始されました。導入後は「WALL」を利用し、作業員が経験をもとに行っていた素材の混合や設計における従来の過程を、過去の開発記録と照らし合わせ機械学習します。これにより、最適化および研究開発工程の効率化が可能となるため、リュウグウの商品開発力の強化が実現できます。

今後、SUPWATは「WALL」の学習精度を高めるため、リュウグウに対して研究開発データの取得や管理に関するコンサルティングも併せて提供する予定です。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
AIモデル作成
導入活用事例
製造業
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前

メールアドレス
(ビジネス用)

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら