DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

住友ゴム トヨタの材料解析クラウドサービスを活用 解析時間を100分の1以下に

最終更新日:2022/05/12

住友ゴム AIでゴム解析を99%時短

住友ゴム工業はトヨタ自動車のクラウド材料解析プラットフォームサービス「WAVEBASE」を活用し、データサイエンスを駆使することでゴム材料開発に重要な先端研究施設から得られるデータの解析プロセスを効率化し、解析時間を100分の1以下に短縮することに成功しました。

このAIニュースのポイント

  • 住友ゴムがトヨタ自動車のクラウド材料解析プラットフォームサービス「WAVEBASE」を導入
  • ゴム材料開発に重要な先端研究施設から得られるデータの解析プロセスを効率化
  • ゴム材料開発の解析時間を100分の1以下に短縮することに成功

住友ゴム工業(株)はトヨタ自動車株式会社のクラウド材料解析プラットフォームサービス「WAVEBASE(ウエイブベイス)」を活用し、データサイエンスを駆使することでゴム材料開発に重要な先端研究施設から得られるデータの解析プロセスを効率化し、解析時間を100分の1以下に短縮することに成功しました。

住友ゴム工業では大型放射光施設「SPring-8」、大強度陽子加速器施設「J-PARC」、スーパーコンピュータなどの最先端研究施設を活用した材料開発を行ってきました。計測技術の進化や装置の高度化で短時間で大量のデータの取得が可能となる中、重要な情報になり得る材料のわずかな変化などの解析が求められます。

住友ゴム工業はMIによる解析力のさらなる向上と、研究開発のDX推進を目的とし、2020年6月よりトヨタ自動車と共同で実証実験を開始し、ゴム材料開発に重要な先端研究施設から得られるデータの解析プロセスを効率化することで解析時間を100分の1以下に短縮することに成功しました。

住友ゴム工業では「WAVEBASE」を活用し最先端実験施設でリアルタイム解析を行います。そして様々な実験室系分析装置のデータを統合し、ビッグデータとして解析することで研究開発の効率化・高速化・省力化に繋げ、安全性能と環境性能を備えたタイヤの開発を目指します。

出典:住友ゴム工業

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
DX推進
データ活用・分析
導入活用事例
製造業

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら