DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

チャットボット広告とは?媒体の種類やメリットを解説

最終更新日:2023/12/12

チャットボットが新たなカスタマーサービスやマーケティングツールとして注目される中、「チャットボット広告」というジャンルが登場しています。このチャットボット広告とは、一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、チャットボット広告の種類やメリットなどを詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

チャットボット導入事例について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
業界・業種別AIチャットボット導入活用事例6選!企業の課題と導入効果まとめ

■チャットボット型広告は「寄り添う広告」

ネット広告の多くが、ユーザーがバナーなどをクリックするとランディングページが現れて、いきなり商品やサービスを紹介されるという仕組みです。一方、チャットボット型広告はユーザーからの「ヒアリング」や「対話」を重視します。

例えば不動産会社の広告の場合、ユーザーがバナーなどをクリックするとチャットボットが立ち上がり「どんな部屋に住みたいですか?」などとユーザーに問いかけます。ユーザーが「広い部屋」「●●駅に近い部屋」などと希望を告げると、チャットボットが希望条件に近い部屋を提案してくれます。それらが広告として機能するという仕組みです。

チャットボットがあらかじめユーザーの希望をヒアリングしてから広告を表示するので、押しつけがましさがなく、より自然な提案ができることが特徴です。

■チャットボット広告の種類

チャットボット広告は、「LINE広告」「Facebook広告」「Twitter広告」「Instagram広告」「ディスプレイ広告」など、さまざまな種類の媒体に展開することができます。それぞれにどのような特徴があるのか、詳しくみていきましょう。

●LINE広告

チャットボット広告は、LINE広告と連動する形で導入することが可能です。国内のスマートフォンユーザーの多くが利用しているサービスということに加え、「SNSは特に利用していないけどLINEは利用している」といったユーザーも数多く存在していることから、他のサービスではリーチするのが難しい層へのアプローチも行えるという特徴があります。

トーク画面の上部スペース、タイムライン、LINE NEWS、その他のLINE関連サービス上など、さまざまな場所に広告を配信することができます。

●Facebook広告(メッセンジャー型広告)

Facebook広告(メッセンジャー型広告)と連動する形でチャットボット広告を展開することも可能です。Facebook広告の特徴としては、登録されているユーザーの個人情報が正確である点が挙げられるでしょう。TwitterやInstagramなどは匿名で利用することもできますが、Facebookは本名で登録しなければなりません。そのため、多くのユーザーが生年月日や出身地などの情報も正確に登録している傾向にあるわけです。その個人情報に基づいてユーザーごとに最適なアプローチを行える点は大きな特徴といえるでしょう。

●Twitter広告

Twitter広告と連動する形でチャットボット広告を展開することも可能です。Twitterは、Facebookほどターゲッティングが精密なわけではありません。ただし、チャットの結果をツイートして拡散していくことも可能なため、拡散力を活用したい場合には最適なプラットフォームといえるでしょう。

●Instagram広告

Instagram広告と連動させる形でチャットボット広告を展開することも可能です。Instagramは写真の共有がメインとなっているため、ビジュアルを重視している業界のほうがマッチしやすい傾向にあります。ファッション、飲食、自動車など、ビジュアルで訴求することで多くの反応を得られる可能性がある業界においては、高い効果が期待できるプラットフォームといえるでしょう。

●ディスプレイ広告(チャットバナー広告)

ブログやWebサイトなどに表示されるディスプレイ広告(チャットバナー広告)でも、チャットボット広告を展開することができます。「バナー上で直接チャットできるタイプ」「バナーをクリックするとチャットのモーダルが開くタイプ」「クリックすると別ページで専用ページが開くタイプ」などさまざまな種類が存在するため、柔軟に活用していくことが可能です。

■チャットボット広告のメリットや効果

チャットボット広告にはさまざまな種類が存在することがお分かりいただけたかと思いますが、実際に利用することでどのようなメリット・効果が得られるのでしょうか。ここからは、チャットボット広告のメリットや効果について詳しくみていきましょう。

●ユーザーに合わせた誘導・訴求が可能

チャットボット広告を利用する大きなメリットの一つとして、「ユーザーに合わせた誘導・訴求が可能」という点が挙げられます。チャットボット広告は、一方通行な他の広告とは異なり、ユーザーの反応をすぐに反映させることが可能です。そのため、「自分のニーズにその場ですぐに応えてくれる」という部分にユーザーが特別感を感じやすくなり、顧客満足度向上へと繋がっていく可能性が高くなります。

一人ひとりのユーザーに最適な広告として働いてくれるため、一般的な広告よりも効率的に高い効果を発揮してくれる傾向にあるのです。

●LP(ランディングページ)のCVR(コンバージョン率)が向上

一般的な広告の場合、広告専用のLP(ランディングページ)の質がCVR(コンバージョン率)に直結する傾向にあります。しかし、チャットボット広告であれば、より適切なターゲットユーザーをLPへと誘導する流れを構築することができるため、LPのCVR向上が期待できるのです。

また、チャット自体がLPの役割を果たすような仕組みにすることもできるため、広告専用のLPを制作せず、削減した制作費用で別の施策を講じていくこともできます。そのため、予算が限られている企業にとっては大きなメリットといえるでしょう。

●リターゲティングが可能

チャットボット広告の出稿によって、リターゲッティングが可能になる点も、大きなメリットの一つです。リターゲッティングとは、CVR(コンバージョン)に至ることなく離脱してしまったユーザーに対して、再度アプローチしていくことを指します。

チャットボット広告の場合、他の広告のように同じ広告ばかりを表示させてユーザーに不快感を与えてしまう心配がありません。むしろ、前回の学習結果を反映させることができるため、その都度ユーザーにとって最適な提案を行うことができるのです。

そのため、一度離脱してしまったユーザーにも長期的にアプローチしていくことができます。長期的なアプローチで企業のブランディングを図っていくことができる点は、大きなメリットといえるでしょう。

●モバイルの使用感がいい

モバイルの使用感がいいことも、チャットボット広告を出稿するメリットの一つといえるでしょう。近年は、ユーザーの多くがスマートフォンでLINE、Twitter、Facebook、Instagramといったサービスを利用しています。これらのサービスを介して、多くのユーザーはチャット形式でのやり取りを日常的に行っているわけです。

そのため、チャット形式でのコミュニケーションに慣れているユーザーに対して、違和感のない「チャット形式の広告」でアプローチすることで、違和感なく受け入れてもらうことが可能になります。まさに、スマートフォンが普及した現代にぴったりの戦略といえるでしょう。

●ユーザーの情報を引き出すことやチャット上で決済も可能

チャットボット広告は、主にインフィード広告やバナー広告として展開することになります。リスティング広告とは異なり、ユーザーのニーズが明確化されていないという点は一つのデメリットと言えるかもしれません。ただ、チャットでのコミュニケーションを介してニーズを引き出すことが可能です。

また、コミュニケーションの中で得た情報をマーケティングに利用していくこともできます。そのため、新規事業のヒントとなる情報獲得につながる可能性もあるでしょう。

さらに、チャット上で情報を引き出すだけでなく、決済まで行えるようにすることも可能なため、シームレスな買い物によって顧客満足度を高めていくこともできます。

■チャットボット広告は今後も拡大見込み

チャットボット広告は「チャットボットと会話する」というインタラクティブな経験を通じて、カスタマーの要望に沿った提案を行う広告手法です。広告専用のランディングページが必要ないため、従来型の広告に比べて制作コストを抑えられるというメリットもあります。モバイル端末での個別かつ双方向でのコミュニケーションが重視されるいま、ますます活用が広がっていく分野になるでしょう。

AIsmileyでは、チャットボット広告に用いる製品の価格や特徴・メリットなどを比較検討できる資料を無料でお配りしています。チャットボット広告の導入をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットボットについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
チャットボットとは?意味やメリット、活用事例を徹底紹介

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら