DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

NTTSportictとSPLYZAがスポーツの現場で活用できるAIカメラを提供

最終更新日:2022/08/08

NTTSportictが、アマチュアスポーツ向け映像分析ツールを開発・提供するSPLYZAとパートナーシップを締結し、AIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」における協業を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • NTTSportictとSPLYZAがスポーツの現場で活用できるAIカメラの技術を提供
  • 高品質な動画を使った分析作業がスマホですぐに実現可能
  • アマチュアスポーツの現場での映像活用が実現可能

NTTSportictが、アマチュアスポーツ向け映像分析ツールを開発・提供するSPLYZAとパートナーシップを締結し、AIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」における協業を開始しました。

NTTSportictでは、これまで、体育館・球技場・陸上競技場等へ設置することでスポーツの自動撮影・配信を実現するAIカメラ「Pixellot」を活用し、低コストかつ容易に撮影・映像配信ができるソリューション「STADIUM TUBE」を提供していました。さらに、2021年の7月には、チーム向けの可搬型「Pixellot Air」を使ったモデルもリリースしています。

「STADIUM TUBE」などのスポーツの現場で活用できるAIカメラの技術を提供する中で、アマチュアチームやスポーツ協会からは「AIカメラで撮影した映像を分析やコーチングに使いたい」「少しでもその分析作業の負荷を減らしたい」という要望が多くありました。このような要望に応えるためには、AIカメラ技術のほか、チーム分析機能が必要になります。今回スポーツチームが求める機能の開発力に強みがあり、多くのチームへの接点を持つSPLYZAとのパートナーシップ締結によって、AIカメラの提供が実現可能となりました。技術面・販促面の両側面で相互に補完し合うことで、アマチュアスポーツ現場の映像活用を包括的に支援していくことが狙いです。

パートナーシップ締結後、AIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」Airモデルの販売をSPLYZAにて開始したほか、「SPLYZA Teams」と「STADIUM TUBE」間のデータ連携の開発が完了しました。AIカメラで自動撮影した映像が、動画のDL不要で「SPLYZA Teams」側へ連携できるようになったため、高品質な動画を使った分析作業がスマホですぐに実現可能となっています。さらに、カメラ係も不要で、分析作業の負荷軽減も実現しています。

この2社のパートナーシップ締結によって、アマチュアスポーツの現場での映像活用がより便利なものになりそうですね。興味がある方は、「SPLYZA Teams」を試してみてはいかがでしょうか。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
画像認識・画像解析
導入活用事例
スポーツ
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら