DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

野村證券、AIチャットボットを導入。運用体制を3名から1名に

最終更新日:2022/08/08

野村証券 チャットボット導入

野村證券は、FAQの回答精度の向上および運用工数の削減を目的として、チャットボットを導入しました。同社はAllganize Japan株式会社Alliを導入。これにより、FAQの回答精度の向上し運用人員が3名から1名になりました。

このAIニュースのポイント

  • 野村證券は、AIチャットボット「Alli」を導入
  • FAQの回答精度の向上により、運用体制も以前の3名からほぼ1名体制へと変化
  • 今後、資産運用におけるコミュニケーションツールとしてAIチャットボットを活用していく

野村證券株式会社は、企業向け自然言語理解AIソリューションを提供するAllganize Japan株式会社が運営するAIチャットボット「Alli」を資産管理アプリ「OneStock」に導入しました。

これまでもチャットボットの運用をしていたが、サービス拡大によるFAQ数の増加に伴い、「FAQの回答精度の向上」および「運用工数の削減」を目的としてさらなるAIチャットボットの乗り換えを検討していました。

「AI性能」、「運用に関する効率」、「運用コスト」の三つの項目を比較。検証した結果、AIによるFAQの回答精度が高く、初期運用の負荷が低い、さらには費用に関してもコストパフォーマンスの高いAllganizeの「Alli」を選定しました。

「Alli」導入後、FAQの回答制度が向上しました。また、運用体制も以前の3名からほぼ1名体制へと変化したと発表。同社は、資産運用における各サービスのコミュニケーションツールとしてAIチャットボットを活用していきます。発生したコミュニケーションデータを活用してく方針です。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
チャットボット
導入活用事例
金融・投資・保険
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前

メールアドレス
(ビジネス用)

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら