AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

武蔵野大学、DataRobotのAIプラットフォームを授業内で活用

最終更新日:2021/10/14

武蔵野大学はDataRobot,の『教育機関向けAI人材育成プログラム』を2022年9月より導入します。学生は本プログラムを通してプログラミングを行わずに、高度な機械学習技術を修得することが可能になります。

このAIニュースのポイント

  • 国内200社以上に導入されているDataRobotのAIプラットフォームを授業内で活用
  • 学生は専門知識や技術がなくてもデータ分析や数値予測機械学習技術を修得することが可能
  • 2022年9月の導入に先駆け、2021年10月末にDataRobotをデータサイエンス学科生が体験

武蔵野大学はDataRobot, Inc.が提供する『教育機関向けAI人材育成プログラム』を2022年9月より副専攻「AI活用エキスパートコース」(情報副専攻)に導入します。学生は本プログラムを通してプログラミングを行わずに、高度な機械学習技術を修得することが可能になります。

全国68大学が認定されている(2021年8月4日時点)

武蔵野大学では、全学共通基礎課程『武蔵野INITIAL』を2021年4月から新たに開始し、全学生が1年次から「AI・データサイエンス」の基礎的なリテラシーを学んでいます。また情報副専攻の入門科目群「データサイエンス・AI入門」が文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定されており、学部学科問わず、希望学生全員が実践的なAI活用スキルを修得することができます。

今回、情報副専攻の履修者320名を対象に、2022年9月下旬よりDataRobotが提供する『教育機関向けAI人材育成プログラム』を導入することが決定しました。この導入に先駆け、2021年10月末にDataRobotを用いた最先端ノーコードデータ分析をデータサイエンス学科生が体験します。

機械学習の自動化により、非常に高精度な予測モデルを迅速かつ簡単に構築できるDataRobot を導入することで、今までの学修経験やスキルレベル、文系理系といった専門分野に左右されず、あらゆる学生が機械学習を応用でき、素早く精度の高い機械学習モデルを実装することができます。AIツールを活用して社会の様々なデータを自ら分析し、課題の解決方法を提案できる人材の育成をさらに進めていきます。

【概要】
プログラム名称: 教育機関向けAI人材育成プログラム
導入開始時期: 2022年9月下旬(予定)
対象学生: 副専攻「AI活用エキスパートコース」履修学生320名
導入科目: 「機械学習活用」「データサイエンス活用」他(予定)
提供元: DataRobot, Inc.

出典:PR TIMES
chatbot eBook

AIサービス
AIモデル作成
導入活用事例
学校・教育

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら