DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

製造業DX推進企業の大半が成果を実感。村田製作所が調査、実施は僅か2割

最終更新日:2023/03/29

村田製作所は、自社のスマートファクトリー化(製造業DX)に携わる製造業に勤める500名に対し「スマートファクトリー化」についての調査を行いました。

このAIニュースのポイント

  • スクリーニング調査ではスマートファクトリー化を「実施している」と回答したのは22.9%
  • 取り組むこととなったきっかけは「生産性の向上」との回答が最多
  • スマートファクトリー化の取り組みを実施中という回答は2割だが、その大半が成果を感じているとの調査結果

株式会社村田製作所は、自社のスマートファクトリー化(製造業DX)に携わる製造業に勤める500名(スクリーニング調査:国内の製造業従事者11,084名)に対し「スマートファクトリー化」についての調査を2023年1月に行いました。

まず製造業に勤める11,084名に対し、スマートファクトリー化の実施について質問したところ、「実施している」と回答したのは22.9%にとどまる結果となりました。「実施を検討している」と回答した方も15.2%となり、現時点では約6割の企業がスマートファクトリー化を実施していないことが分かりました。

以下、本調査の結果です。

スマートファクトリー化に取り組むこととなったきっかけをお答えください。(複数回答/n=500)という質問には、備稼働率改善・生産プロセス短縮・生産計画の精度向上などの「生産性の向上」との回答が58.8%と最も多く、次いで、「コスト削減」が54.0%と続きました。


スマートファクトリー化の一環として、どのような取り組みを実施していますか。(複数回答/n=500)という質問は、「デジタル技術(IT/OT)の活用により業務の標準化やノウハウの見える化の精度を向上させ、技術継承に役立てている」と回答した方が最も多く47.6%となりました。僅差で「製造プロセスで収集したデータを品質向上に活用している」47.4%と続き、「デジタル技術(IT/OT)を活用して設備稼働率改善や生産プロセス短縮を行っている」と回答した方も46.0%となりました。この結果から、複数の取り組みを組み合わせてスマートファクトリー化を進めている企業が多いことが分かりました。

スマートファクトリー化を前進させることができた主な要因は何だと思いますか。(複数回答/n=430)との質問への回答は、「スマートファクトリー化に対するトップの理解(トップダウンの方針含む)」が67.7%で最も多く、「専門部隊の設置」が53.0%と続きました。

村田製作所は「現状スマートファクトリー化の取り組みを実施中という回答は2割にとどまる一方で、その大半が成果を感じていることが分かりました。成功の要因はトップの理解と専門部隊の設置であると考える人が多く、また専門部隊が現場の作業内容や状況を十分に理解していることも、推進上のポイントの1つであるようです」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
DX推進
導入活用事例
製造業
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら