DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

新居浜市、三井住友海上、インターリスク総研、事故発生予測AIの開発に向けた実験を実施

最終更新日:2022/06/24

事故予測AI開発に向けた実証実験

新居浜市、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険およびMS&ADインターリスク総研は、新居浜市の「新居浜地域スマートシティ推進協議会」における取組みとして、AI技術を活用した交通事故発生リスクを予測・可視化するサービスの開発に向けて、実証実験を行いました。

このAIニュースのポイント

  • 新居浜市とMS&ADグループ2社が合同で事故発生予測AIの開発に向けた実験を実施
  • 実験第1弾は道路構造データから事故発生リスクの高い場所をAIが算出しそれを可視化
  • 第2弾は事故発生リスクが高い場所のドラレコ映像からリスクの高い場所を更に細かく算出

新居浜市、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社およびMS&ADインターリスク総研株式会社は、新居浜市の「新居浜地域スマートシティ推進協議会」における取組みとして、AI技術を活用した交通事故発生リスクを予測・可視化するサービスの開発に向けた実証実験を行いました。

新居浜市は、IoTやAIを含むICT等の先端技術を活用しながら、地域の抱える諸課題の解決に取り組み、人々の生活の質を高め、持続的発展が可能なまち「スマートシティ」の実現を目指した取組みを推進しています。

実証実験の第一弾として、MS&ADインターリスク総研の交通リスクマネジメントの知見に加え、新たにAI技術を活用し、交通事故発生箇所データ、自動車走行データ、道路構造データ等を基に、事故発生リスクを算出し、数値の高い潜在箇所を予測する技術の開発の実証実験を実施しました。

第二弾は第一弾の結果を踏まえ、主に事故発生リスクの高い箇所等における固定カメラやドライブレコーダーの映像をもとに、周囲の車両や歩行者の位置、進行方向等からAIが接触事故リスクを解析、リスクの高い箇所を抽出・可視化するサービスの開発に向けて、同市の協力を得て実証実験を行いました。

3社はAI技術を活用した事故発生リスクの予測結果および接触事故リスク(ニアミス)の解析結果について、実証実験を通じて検証し、期待した基準に達していることを確認しました。

新居浜市と三井住友海上、MS&ADインターリスク総研は、本実証実験を通じて得た結果や知見、さらに、MS&ADインシュアランスグループが有する知見・ソリューション等を活用し、引き続きAI技術を活用した事故発生リスクを予測・可視化するサービスのリリースを目指します。

出典:MS&ADインターリスク総研株式会社

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら