DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

関西国際空港、AI通訳機「ポケトーク W」 250台導入で多言語対応をDX化

最終更新日:2022/06/13

関空 万博に向けポケトーク導入

関西国際空港はソースネクストの子会社であるポケトーク社が提供するAI通訳機「POCKETALK W」を250台導入しました。

このAIニュースのポイント

  • 関西国際空港がAI通訳機「POCKETALK W」を250台導入
  • 「POCKETALK」は70言語の音声・テキストを12言語に翻訳可能なAI翻訳機
  • 6月からの入国解禁に加えて、2025年の万博で訪れる観光客との応対で活躍

関西国際空港はソースネクスト株式会社の子会社であるポケトーク株式会社が提供するAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」を250台導入しました。

「POCKETALK」は、互いの言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できるAI通訳機です。70言語を音声・テキストに翻訳し12言語をテキストのみに翻訳できます。クラウド上の最新最適なエンジンとAIを使った翻訳精度の高さが特長で、長い文章も翻訳可能です。

UNWTO(United Nations World Tourism Organization)が2019年に発表した「世界の外国人旅行客数 国別ランキング」によると、日本は世界12位であり、年間で3,188万人が訪れるということが報告されています。

6月から外国人観光客の入国が再開されるほか、2025年には大阪・関西万博も予定しており、西日本の玄関口として今後さらに観光客の増加が予想されます。関西国際空港は「POCKETALK」導入で観光客とのスムーズなコミュニケーションを図り、より良いおもてなしのサポートの提供を目指します。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら