DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

日本M&Aセンターが検索エンジン「exaBase企業検索」を導入

最終更新日:2022/05/24

企業情報に特化した検索エンジン

日本M&Aセンターが全コンサルタントを対象に、エクサウィザーズが提供する企業情報に特化した検索エンジン「exaBase 企業検索」の導入を開始したことを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • 日本M&Aセンターが「exaBase 企業検索」を採用
  • ほぼすべての日本企業を自由なキーワードで検索可能
  • 営業リスト作成やM&A候補先リスト作成などに活用が可能

日本M&Aセンターが全コンサルタントを対象に、エクサウィザーズが提供する企業情報に特化した検索エンジン「exaBase 企業検索」の導入を開始しました。「exaBase 企業検索」は、日本で登記されている約450万法人のデータを自由な切り口で検索し、リスト化することができます。

これまでも、企業を検索してリスト化するサービスは存在していましたが、従来のサービスでは検索の条件が狭かったり、検索対象の企業数が限られたりするといった課題が多く、今ひとつ活用しにくいものでした。

「exaBase 企業検索」は企業のほか医療法人や学校法人なども含む約450万法人のデータを収録しています。各社の公式ホームページの情報を独自のAI技術で特徴量化しているため、一般的な業種等の分類に縛られることがありません。「マスク 不織布」のような自由なキーワードでも簡単に企業を検索することが可能です。

各社が独自に保有する企業データや営業支援システムのデータを取り込んで利用することもできます。社内の営業やマーケティングのオペレーションにシームレスに組み込むことも可能で、検索したリストはエクセル形式でダウンロードすれば、すぐに「候補先企業リスト」などにして活用することができます。

「exaBase 企業検索」の主な特徴は以下の4つです。

  1. ほぼすべての日本企業を検索可能
  2. 企業分類に縛られず、企業の特徴と検索キーワードの「近さ」で検索
  3. 検索結果は様々な項目での絞込・並替も可能で見やすくリスト化
  4. 社内で保有する独自の企業データやCRM/SFAデータとの接続も可能

エクサウィザーズはAIを活用した企業のより網羅的かつ適切な検索、およびスムーズなリスト化を実現できる「exaBase 企業検索」の提供を通じて、日本における後継者不足の課題解決のため、企業のマッチングをサポートしていきたいと語っています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら