DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

アイリスオーヤマ、PKSHA WorkplaceのAI対話エンジン「PKSHA Chatbot」を導入

最終更新日:2023/05/25

PKSHA Workplaceは、アイリスオーヤマとAI対話エンジン「PKSHA Chatbot」の運用を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • 「PKSHA Chatbot」は、Slack上で活用が可能なAI対話エンジン
  • アイリスオーヤマは、人事・経理等の質問等、バックオフィス部門や関係各所への問合せ対応が課題となっていた
  • 運用の定着化を行い、業務プロセスのさらなる効率化を目指していく

PKSHA Technologyは、グループ会社であるPKSHA Workplaceが、アイリスオーヤマと、深層学習と自然言語処理を活用した対話エンジン「PKSHA Chatbot」の運用を開始したことを発表しました。

年間約1000アイテムの新商品を発売するアイリスオーヤマでは、一般的な人事・経理等の質問等、バックオフィス部門や関係各所への問合せ対応が課題となっていました。特に商品に関わる問合せに関しては、常にアップデートがされることからメンテナンス性の高さも重要とされていました。これらの課題を抜本的に解決するため、Slack上で活用が可能なAI対話エンジン「PKSHA Chatbot」の導入が決定しました。

経営企画部における全社的なDXの取組みのもと、BtoB事業部、BtoC事業部、人事、総務、経理、情報システム部等、複数の部門で導入され、人的工数の削減を目指しています。また、有給の取得日数や、社内システムといったバックオフィス部門に関する一般的な質問にSlack上で回答が出来るため、回答側の作業効率の向上だけでなく、問合せ側の社員の負担軽減も目指しています。

BtoC領域では「検索アクション機能」という独自に設計した機能を用いて、対応するすべての商品の情報と企画書を、商品コード、JANコード、商品名、型番でSlack上から検索が可能になりました。今までは、情報を網羅的に検索できる動線がなく、情報の取得に時間を要していましたが、本機能により瞬時に必要な情報に辿り着くことができ、営業支援の観点でも効果が見込まれています。

アイリスオーヤマは「PKSHA Chatbotの社内浸透とオペレーションの定着化を行った上で、中長期的には管理システムとの連携を進め、発注状況や在庫の管理を通じて業務プロセスのさらなる効率化を目指します」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
チャットボット
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら