DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

IBMが「watsonx」に新たな生成AI基盤モデルを追加。AI機能を強化へ

最終更新日:2023/09/26

IBMは企業向けAIおよびデータのプラットフォーム「watsonx」に新しい生成AIモデルを追加し、機能強化を図る計画を発表しました。

このAIニュースのポイント

  • IBMが「watsonx」に新たな生成AIモデルと機能強化を図る計画を発表
  • 「Tuning Studio」や「合成データ・ジェネレーター」などの新機能がリリース予定
  • IBMの生成AIは信頼と透明性の原則を中心とした学習プロセスを確立

IBMは2023年9月7日、企業向けAIおよびデータのプラットフォーム「watsonx」に、新たな生成AIモデルを組み込むことで機能強化を図る計画を発表しました。watsonxは「watsonx.ai」「watsonx.data」「watsonx.governance」の3つの主要なソリューションから成り立っており、様々な規模やアーキテクチャでの基盤モデル・ファミリーを構築しています。

今回追加される基盤モデルとしては「Graniteシリーズ・モデル」が追加され、サードパーティ製の「Llama 2-chat」と「StarCoder」の提供もwatsonx.aiで提供開始されています。IBMは、自社の基盤モデルの学習プロセスにおいて、信頼と透明性の原則を重視しています。このプロセスは、厳密な規範を持つデータ収集から始まり、ガバナンス、リスク評価、プライバシー懸念、バイアス軽減、コンプライアンス確保というステップを経ています。

IBMは効率的かつ低コストに基盤モデルをチューニングできる「Tuning Studio」のリリースを予定しており、人工的な表形式データセットを作成できるよう支援する「合成データ・ジェネレーター」については既に提供開始済みです。また、IBMは「watsonx.data」に「watsonx.ai」の生成AI機能を組み込み、ユーザーがセルフサービスの体験を通じてデータの発見や視覚化、調整ができるよう計画しています。これに伴い、ベクトル・データベース機能も統合される予定です。

IBMはハイブリッドクラウドやAI、コンサルティング・サービスの提供を通じて、世界中の多くの企業や政府機関のデジタル変革を支援しています。

出典:IBM

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら