AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

ステッチとAVILEN、高齢者向け住宅施設紹介サイトの開発に関するインタビューを公開

最終更新日:2021/09/24

ステッチとAVILENが、高齢者向け住宅施設紹介サイト「ココシニア」をリリース。
開発で注力した、施設選びにおける「雰囲気」という観点についてのインタビュー内容を一部抜粋して紹介します。

このAIニュースのポイント

  • ステッチとAVILENの高齢者向け住宅施設紹介サイト「ココシニア」開発に関するインタビューを一部紹介
  • 入居者データと主観的な幸福度アンケートを取得し分析、レポーティング
  • 施設の雰囲気という、施設探しにおいて利用者が最も必要とする情報を提供

 

「ココシニア」は、実際の高齢者施設の入居者データから構築したAIと、入居後の主観的な幸福度アンケートを取得し分析、レポーティングするサービスです。多数のマッチングサイトがリリースされる中で今回の開発で注力したのは施設選びにおける「雰囲気」という観点です。どのようにその観点を開発へ含有することができたのでしょうか。

 

■株式会社ステッチ 三富敬太氏インタビュー (一部抜粋・省略)

―――今回のプロジェクトはどのようにして企画されたのでしょうか?

―――三富氏
「高齢者をターゲットとした新規事業を立ち上げるにあたり、高齢者のさまざまなペルソナを検討する中で、施設入居後のミスマッチというポイントに絞ることにしました。その中で、現状は不動産探しのようになってしまっている高齢者向け住宅施設探しにおける、入居者やご家族の満足度を高めるような紹介業をしていこう、となったことがきっかけです。
定量調査の結果、入居者やご家族が施設探しに求めるものは”施設の雰囲気”であるということが明らかになりました。」「そこで、入居者と相性の良い施設の雰囲気をレコメンドするようなマッチングシステムをつくりたかったのですが、構築するためのアプローチがまったくわからず、課題となっておりました。」

 

――「ココシニア」のマッチングAIはどのような流れで構築されたのですか?

―――三富氏
「データの収集・収集したデータの分析・収集したデータを用いたAIモデルの学習といった手順でした。アンケートを設計する段階から、どのようなデータをとるべきかについてAVILEN社のサポートをいただきました。
開発の段階ではそれぞれの良し悪しについて、私たちに説明してくれました。丸一日会議室にこもり、私が不明点を質問し続けるのに対して、丁寧かつ真摯に、非常にわかりやすく説明をしていただけました。私のわからないポイントをしっかりと理由も踏まえて構造化し、把握して対応していただけたおかげで理解がしやすかったです。」

 

高齢化社会が著しい日本において、老後の生活を不安視する声は少なくありません。ホームページや施設担当者の説明からだけでは判断しきれない施設の評価は、実際に利用している入居者の声を参考にするのが一番です。一人でも多くの高齢者の方やご家族の方に、このサービスの利便性を体験してみてほしいですね。

出典:PR TIMES

chatbot eBook

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら