AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

FRONTEO豊柴氏による「自然言語解析AIの応用と戦略」セミナーがオンラインにて開催

最終更新日:2021/09/29

10月28日(木)オンラインにて「自然言語解析AIの応用と戦略」セミナーが開催されます。講師は株式会社FRONTEO 執行役員ライフサイエンス AI CTO・博士(数学)豊柴 博義 氏です。自然言語処理AIの医療・ヘルスケア・創薬分野における応用とその戦略的な展開について紹介します。

このAIニュースのポイント

  • 10月28日(木)オンラインにて「自然言語解析AIの応用と戦略」セミナーが開催
  • 講師は株式会社FRONTEO 執行役員ライフサイエンス AI CTO・博士(数学)豊柴 博義 氏
  • 1名につき33,330円(税込)でライブ配信に加えて2週間アーカイブ配信でも視聴可能

新社会システム総合研究所は2021年10月28日(木)に「自然言語解析AIの応用と戦略」セミナーを開催します。

講師は株式会社FRONTEO 執行役員ライフサイエンス AI CTO・博士(数学)豊柴 博義 氏です。早稲田大学大学院 理工学研究科数学専攻。理学博士課程中の1999年より九州大学医学部附属病院の医療情報部にて医療データの統計解析を担当。アメリカ国立環境健康科学研究所(NIEHS)や、独立行政法人国立環境研究所、武田薬品工業を経て2017年よりFRONTEOでライフサイエンスAIの開発に従事。

自然言語処理は、人間だけが抽象的なシンボルを使ってコミュニケーションを行い、複雑な感情や状況を表現し伝えることができる。この言語を人に代わってコンピュータに処理させる試みです。人間に特有の情報を扱うという点で、実社会における応用が、大きく期待されており、その応用範囲は法律、金融、医療、創薬と多岐にわたり、それぞれの分野で求められる自然言語処理の技術も多様です。今回は、特に自然言語処理AIの医療・ヘルスケア・創薬分野における応用とその戦略的な展開について紹介します。

1名につき33,330円(税込)でライブ配信に加えて2週間アーカイブ配信でも視聴可能です。
講義内容は下記の通り。

1.自然言語処理AI

2.自然言語処理AIによる診断支援AI(認知症診断支援)

3.自然言語処理AIによる事象予防AI(転倒転落予測)

4.AI創薬における自然言語処理AI

5.まとめ

6.質疑応答

 

出典:PR TIMES
chatbot eBook

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら