DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

Fracta、過去の学習データから推計した全国自治体における水道管路の破損確率を公表

最終更新日:2022/02/01

Fracta 破損漏水確率の推計値

Fractaが、自社の提供する環境ビックデータと AI を用いた水道管路劣化診断技術』を応用し、全国の自治体の水道管路の将来の破損確率を推計したデータを公表しました。

 

このAIニュースのポイント

  • Fractaが全国の自治体にある水道管路の破損確率データを公表
  • 過去に学習した管路の属性、破損履歴、環境から事故のパターンや確率を分析
  • 将来起こりうる水道崩壊のリスクを未然に防ぐ

 

Fractaは米国を中心に米英日3か国の約100事業体において、延⻑約20万km 、約30万件の破損漏水事故を学習しています。
日本だけでも約3万km 、1万件以上の破損事故のパターンを学習済みです。
基本的には管路の属性情報、過去の破損履歴、管路をとりまく環境情報に基づいて破損事故のパターンを分析し、将来の確率を予測する手法を取っています。

今回の推計においても環境情報を活用し、対象とする地域の管路情報や破損事故の情報無しで、どの程度の確率で破損漏水事故が発生するのか、概数の推計を行い、マップ上に可視化しました。
日本では既に年間約2万件の漏水事故が起こっており、将来における破損漏⽔事故の多発が危惧されています。
さらには、そういった事故が積み重なり、” ⽔道崩壊” が現実化するリスクが憂慮されます。

こうした状況を背景に、アセットマネジメントの取組みが重視・強化されている中で、Fractaの技術は更新投資の最適化に貢献することが期待されています。

Fracta 破損漏水確率の推計値
調査報告のPDF・CSVデータはFractaのホームページより取り寄せることができます。
懸念される水道崩壊を未然に防ぐためにも、このデータをもとに自身の周りをチェックするといいかもしれませんね。

 

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
データ活用・分析
予測
導入活用事例
建設・インフラ

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら