DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

FastLabel、30種類以上のユースケースに対応する自動アノテーション機能β版を提供開始

最終更新日:2024/02/16

AIデータプラットフォームを開発・提供しているFastLabel株式会社が、画像や動画、音声、AI-OCRなど30種類を超えるユースケースに対応する自動アノテーション機能のβ版を提供開始しました。

このAIニュースのポイント

  • 30種類を超えるユースケースに対応する自動アノテーション機能のβ版が提供開始
  • ゼロから人が教師データを作成する必要がなく、教師データ作成にかかるコストを大幅に削減可能
  • 製造業、自動車、医療、建設・不動産、通信・インフラなど多くの業界に寄与

FastLabel株式会社が開発・提供しているAIデータプラットフォーム「FastLabel」から、画像や動画、音声、AI-OCRなど30種類を超えるユースケースに対応する自動アノテーション機能のβ版を提供開始しました。

多くの企業で機械学習の社会実装が進む中、「教師データを作成するのが大変」、「外注したが品質が低く使えない」、「運用を見据えてデータラベリングを自動化したい(MLOpsを構築したい)」といった、悩みが散見されるようになりました。

今回リリースされる自動アノテーション機能のβ版では、ゼロから人が教師データを作成する必要がなく、教師データ作成にかかるコストを大幅に短縮できます。FastLabelが提供するAIを使用して、ブラウザ上で設定するだけでアノテーション作業を自動化し、間違えている箇所を人が修正するだけで、簡単に教師データが作成可能です。

2022年8月時点で30種類を超える多様なユースケースに対応しています。対応しているユースケースには以下のようなものがあり、製造業、自動車、医療、建設・不動産、通信・インフラなど、多くの業界で活用可能です。

【対応しているユースケース一覧】

  • 顔画像のマスク検出
  • 動物・人物の姿勢推定
  • AI-OCR
  • ドローンの検出
  • 道路のひび割れや電柱検出
  • 乳がんの腫瘍検出
  • 胸部レントゲン写真からのCOVID-19かの判定
  • 段ボールのケアマークの検出
  • 衛星画像をもとにした海辺のゴミ検出

今後は、顧客の要望をもとに自動アノテーションの種類を拡充していき、2022年度中には100種類への対応が予定されています。

「FastLabel」上に顧客が保有する独自モデルを組み込み、自動アノテーションモデルとして利用することも可能です。また、「FastLabel」に蓄積したアノテーション済みデータを教師データとして、ファインチューニングすることもできます。顧客のデータに最適化したAIが構築でき、アノテーションの効率化が狙えます。

今回の自動アノテーション機能のβ版リリースでは、新規利用の10社限定で無料トライアルの申込も開始されるとのことです。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら