AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

ファミリーマート、都内130店にトイレの長時間利用抑制ツールを導入

最終更新日:2021/07/21

ファミリーマートは渋谷区、新宿区、豊島区の130店に、トイレの混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」を導入しました。トイレの入退室をドアセンサーで検知し、滞在時間及び利用頻度を管理します。

このニュースのポイント

  • ファミリーマートは都内の130店に、トイレの混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」を導入
  • トイレの入退室をドアセンサーで検知し、個人情報を取得せずに滞在時間及び利用頻度を管理
  • 効率的な清掃や備品管理などの運用の構築、急病人などの発生を早期把握が可能

ファミリーマートは、渋谷区、新宿区、豊島区の130店に、株式会社バカンの」トイレ向け混雑可視化IoTサービス「VACAN Throne(バカン スローン)」及び「VACAN AirKnock(エアーノック)」を、2021年7月12日より順次導入開始しました。

昨年から一部の店舗での実証実験をスタートさせており、実験の結果を踏まえ、導入を拡大することとなりました。

「VACAN Throne」は手のひらに収まる程度のセンサーを、場所を選ばず簡単に設置でき、トイレや会議室の空き情報をリアルタイムに可視化できます。今回はトイレの入退室をドアセンサーで検知し、滞在時間及び利用頻度を管理します。

「VACAN AirKnock」はVACAN Throneのオプション機能で、VACAN Throneで取得した混雑情報と利用時間を、個室内壁面に設置したタブレットに表示することができます。導入済みのオフィスでは、1個室あたり1日45分のトイレ利用時間の削減効果が確認されています。

これらの導入により、一定時間以上のトイレ滞在の場合は、お客様の安全確認が可能になります。個人情報を取得することは一切ありません。同時にこれまで取得できていなかった、トイレ利用時間や頻度などのデータを取得することで、より効率的な清掃や備品管理などのオペレーションの構築が期待できます。また、長時間の利用をリアルタイムに検知し通知することで、急病人などの発生を早期に把握可能です。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら