DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

EdgeCortix 低レイテンシーと 高エネルギー効率を実現するコプロセッサを発表

最終更新日:2022/05/12

Edge Cortexの新AIコプロセッサ

EdgeCortixはTechInsights社のLinley Spring Processor Conferenceにおいて、フラッグシップブランドのAIコプロセッサ「SAKURA」を発表しました。「SAKURA」を搭載したプロセッサーは優れたTOPSを維持しながら低レイテンシーでの動作を実現します。

このAIニュースのポイント

  • EdgeCortixはAIコプロセッサ「SAKURA」を発表
  • 搭載したプロセッサーで優れたTOPSを維持しながら低レイテンシーでの動作を実現
  • 電気自動車、防犯カメラ、ロボットなどエッジAIを中心に活用可能

EdgeCortix株式会社はAIコプロセッサであるフラッグシップブランド「SAKURA」を2022年4月22日に発表しました。「SAKURA」は、TSMCの12nm FinFET技術によって製造され、省電力なPCI-Eベースの開発ボードとしてEdgeCortix Early Access Programの参加企業に提供されます。

「SAKURA」は40TOPSのシングルコアであるDynamic Neural Accelerator(DNA)IPを搭載しています。DNAは新製品であるSAKURA AIコプロセッサにおいて、優れたTOPSを維持しながら、超低レイテンシーで複数のディープニューラルモデルを実行することが可能です。

EdgeCortixのCEOであるサキャシンガ・ダスグプタ氏は「SAKURA」について「従来のGPUをベースとしたAI推論ソリューションと比較して10倍以上のワットパフォーマンスが実現可能で、ほぼ全ての既存システムのホストプロセッサに接続できるコプロセッサを設計した」と述べています。

「SAKURA」は電気自動車、防犯カメラ、VR/AR、ロボット工学、5G通信、スマートファクトリーやスマートシティなどで活用できます。また、基盤となるDNA IPは独自に半導体を設計する顧客向けにEdgeCortixのソフトウェアと組み合わせたIPライセンスを提供可能です。

出典:@Press

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら