DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

ミマキエンジニアリング、キャラクター搭載のAIチャットボットで問い合わせ対応自動化

最終更新日:2022/05/25

AIキャラが問い合わせに対応

株式会社ミマキエンジニアリングが、HiTTO株式会社から提供されている社内向けAIチャットボット「HiTTO」を導入しました。

このAIニュースのポイント

  • ミマキエンジニアリングが社内向けAIチャットボット「HiTTO」を導入
  • 日本中のバックオフィス部門のノウハウが構造化されたAIが搭載
  • 従業員からの定型的な問い合わせを自動化することで業務を効率化

今回、ミマキエンジニアリングの人事部門が、コーポレート・トランスフォーメーションの一環として、社内向けAIチャットボット「HiTTO」を導入しました。

HiTTOが提供する「HiTTO」は、日本中のバックオフィス部門のノウハウが構造化されたAIが搭載された社内DX特化型のAIチャットボットです。

従業員からの定型的な質問対応をチャットボットにより自動化可能で、人事・総務・労務・経理・情報システムなどのバックオフィス部門の業務効率化に繋がります。企業に合わせたキャラクターが問い合わせに答えてくれるのも特徴的です。また、対応の属人化の解消や従業員が働きやすい環境を整えることも可能となるため、組織全体の活性化も期待できます。

ミマキエンジニアリングの人事部門では、毎月300件ほど従業員から定型的な問い合わせが寄せられており、戦略的業務に注力する時間が逼迫していたため、社内向けAIチャットボットの導入による問い合わせ対応の自動化について検討が始まり、複数の製品を比較検討した結果「HiTTO」の導入に至りました。

今回の「HiTTO」の導入により、定型的な問い合わせ対応の自動化や業務効率化に繋がり、戦略的業務やイノベーティブな仕事に取り組む時間を創出できるようになるだけでなく、発信機能の活用で新しい人事制度の社内浸透を進める効果が期待されます。

社内対応を自動化できるAIチャットボット、とても気になりますね。興味のある方は是非、「HiTTO」について調べてみてはいかがでしょうか。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
チャットボット
導入活用事例
人事・総務

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら