DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

豊田合成、AI画像解析でトラック積載量を算出。物流時のCO2排出量を低減

最終更新日:2023/09/11

豊田合成は、製品納入時の輸送効率を高めるため、トラックの積載量の算出をAIで自動化するシステムを開発しました。

このAIニュースのポイント

  • 豊田合成がトラックの積載量の算出をAIで自動化するシステムを開発
  • システム活用により年間で約4,400便の運行本数の削減が可能となり、140トンのCO2削減につながる見込み
  • 製品輸送時のCO2排出を減らせることに加え、社会課題となっているトラックドライバー不足の解消への効果も期待

豊田合成株式会社は、製品納入時の輸送効率を高めるため、トラックの積載量の算出をAIで自動化するシステムを開発し、みよし物流センターで運用を開始しました。これにより、年間で約4,400便の運行本数の削減が可能となり、140トンのCO2削減につながる見込みです。

豊田合成は、顧客カーメーカーの各工場の生産量に応じてトラックの配車計画を最適化するため、各運行路線の担当者が荷台の空間を目視で確認し、積載量を算出してきました。しかし、この方法では経験年数などによる人為的な判断のばらつきや、確認できるトラック台数に限界があったため、算出の精度向上が課題でした。

そのことを背景に豊田合成は、AIで自動化するシステムを開発し、みよし物流センターで運用を開始しました。みよし物流センターで積み下ろしする全てのトラック(1日あたり500便)の貨物量を24時間撮影し、AI画像解析でその量を自動算出することで、即座に正確な積載量の把握が可能です。

積載率の低い路線・便の抽出が容易になり、試験導入した一部の路線では、運行本数を1日15便から12便に減らすといった輸送効率が向上しました。これにより、年間で約4,400便の運行本数の削減が可能となり、140トンのCO2削減につながる見込みです。

今後、グループ全体での輸送効率向上に向け、同システムを一宮物流センターで2023年秋から導入予定です。

出典:豊田合成株式会社

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
画像認識・画像解析
導入活用事例
運輸・物流・交通
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら