DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

需要予測
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2024/02/21

需要予測とは?

需要予測とは、「いつ」「どんな商品が」「どれくらい」売れるのかといったことを予想して、生産計画や小売りの販売計画に反映させることです。

長年、製造業の生産管理や小売業の発注業務に携わってきた人であれば、過去の経験に基づいてある程度の販売サイクルは把握していましたが、大規模なキャンペーンやイベントといったイレギュラーな出来事の発生で、過去の経験が覆されることもあります。また、昨今は消費者ニーズが多様化しており、さまざまな商品で小ロット・多品種展開が求められるようになっています。もともとマージンが薄いため、過剰在庫を抱えると即利益率に響いてしまうのです。特に食品・飲料分野は、消費期限が短い上にイベントや気象条件といったさまざまな要因が売り上げを左右します。ベテランでも難しいこの需要予測を、AIによる機械学習を活用して行うというのが需要予測システムです。
もっと見る

機能・用語解説

需要予測サービス・企業一覧

Conata(コナタ) ロゴ

Conata(コナタ) 株式会社フライウィール

フライウィールが提供する「Conata(コナタ)™️」は、経営課題をデータの力で解決するデジタルビジネスプラットフォームです。AIとシミュレーションによってデータドリブンな事業運営を実現します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
ATASロゴ

富裕層向け購買予測AI分析サービス「ATAS(エイタス)」 株式会社affluent

affluentが提供する「ATAS(エイタス)」は、日本を代表するITサービス企業のBIPROGY株式会社(旧社名:日本ユニシス株式会社)との協業により誕生した、富裕層向け購買予測AI分析サービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください なし なし 分析データ診断無料
※貴社が保有しているデータでどのような分析ができるのか診断します
トレーダムロゴ

トレーダム ジーフィット株式会社

ジーフィット株式会社が提供する「トレーダム」は最新のマーケット情報と高度なAIにより導かれる「ヘッジガイド」機能や、外貨建取引や為替予約等を統合管理する「外貨管理」機能を含む為替業務支援ツールです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
CC-Dash AIロゴ

CC-Dash AI 株式会社 クロスキャット

〜AI活用の最初の一歩に是非ご活用ください〜クロスキャットが提供する「CC-Dash AI」は、AI技術を活用した コンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。 お客様のビジネス課題を解決するために、 専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
CC Dash AI(コンサルティングサービス)  500,000円
CC Dash AI(PoCサービス) 2,000,000円
なし なし なし
キカガクロゴ

AI受託開発支援 株式会社キカガク

株式会社キカガクが提供する「AIコンサルティングサービス」は、DX・AIでビジネス成果を支援します。AIシステム開発、データ分析・活用、データ分析基盤構築、ChatGPT/Azure OpenAI 導入支援といった様々なソリューションをご用意しています。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
要相談 要相談 なし なし
株式会社Kieiimg0ロゴ

AIソリューション開発 データ分析 株式会社Kiei

株式会社Kieiが提供する「AIソリューション データ分析」は「誰よりも早く、泥臭く」をテーマに、コンサルティング・PJ推進支援から開発運用、社内研修まで課題に合わせて一気通貫でご支援が可能。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
株式会社Digeonロゴ

AI受託開発(データ分析・画像認識) 株式会社Digeon

高い技術力と豊富な実績により、高品質かつお客様に付加価値で貢献するためのシステムを提供します。弊社はAIを活用した事業価値の向上を、企画から実装・運用までサポートいたします。 社内研究開発チームで最先端AI技術のキャッチアップとAIモジュール構築に注力し、 蓄積したアルゴリズムを組み合わせることで最先端のアルゴリズムによる付加価値を迅速に提供します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
株式会社neoAIロゴ

需要予測AI開発・コンサルティングサービス 株式会社neoAI

株式会社neoAIが提供する「需要予測AI開発・コンサルティングサービス」は、東京大学松尾研究所で共同研究に取り組むメンバー等がチームを組んでAI開発・データ分析を行います。POSデータや会計データを活用した売上予測など、貴社の課題に合ったモデル開発が可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額150万円〜400万円 なし なし 初回打ち合わせにて、簡易コンサルティングを実施
株式会社Liaroロゴ

Liaro需要予測AI 株式会社Liaro

Liaroが提供する「Liaro需要予測AI」は、大手小売企業にも導入されており欠品によるチャンスロスの最小化と同時にフードロスや衣服ロス等の削減を実現し、SDGs/ESGへの取組みやサスティナブルなビジネスの実現をサポートします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
AnyData 予測・判断ロゴ

AnyData 予測・判断 AI inside 株式会社

AI inside 株式会社が提供する「AnyData 予測・判断」は、AIの専門知識のないビジネス部門の実務者でも、ブラウザのクリック操作だけで 需要予測/販売予測などの様々なAIモデル構築が可能なビジネスAIプラットフォームです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください

株式会社ABEJAロゴ

AI導入/DX推進サービス 株式会社ABEJA

株式会社ABEJAが提供する「AI導入/DX推進サービス」は、DXの実行に必要なデータの生成・収集・加工・分析、AIモデリングまでのプロセスをご案内する「ABEJA Platform」を基盤にして、お客様のAI導入/DX推進を、プランニングフェーズから支援します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
Multi-Sigmaロゴ

Multi-Sigma 株式会社エイゾス

株式会社エイゾスが提供する「Multi-Sigma」は、必要最小限のデータから、複数の目的変数に対して、予測・要因分析・多目的最適化をシームレスに実行可能な、ノーコード型のウェブAI解析プラットフォームです。特に研究開発業務を中心に、飛躍的効率化と、革新的な解の探索にご利用頂けます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり(評価版2週間)
ソーバル株式会社ロゴ

AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング) ソーバル株式会社

ソーバル株式会社が提供する「AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング)」は、お客様の課題を聞かせて頂き、AIエンジニアリングとデータサイエンスによって解決する支援をさせて頂くサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください 必要ありません なし あり
株式会社ジーニアスロゴ

来客数予測データ提供サービス 株式会社ジーニアス

株式会社ジーニアスが提供する「来客数予測データ提供サービス」は、天候・地理学・過去実績データからのデータ解析に基づく来客数を予測します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
数十万円~ お問合せください お問合せください お問合せください
NTech Predictロゴ

NTech Predict ニュートラル株式会社

スキル不要!予測から原因究明までこれ1つで解決AIがデータ活用を加速させる

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
¥320,000~


〇永久ライセンス版
標準価格:¥1,500,000
年間保守:¥75,000
〇サブスクリプションライセンス版(年額)
標準価格:¥320,000
※使用するPC1台あたりにライセンスが必要となります。
※その他、導入支援、PoCサービス(有償)など対応可能ですので、お問い合わせください。
なし なし あり
エネルギー需要予測logo02

エネルギー需要予測 アイフォーコム・スマートエコロジー株式会社

アイフォーコム・スマートエコロジー株式会社が提供する「エネルギー需要予測」は、様々なエネルギーの予測が可能!エネルギー需要予測・太陽光発電予測・熱量予測

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
PredictionOnerogo

Prediction One ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する「Prediction One」は、専門家でなくても簡単に操作でき、 データから予測を算出するソフトウエアです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
デスクトップ版 / クラウド版
それぞれプランをご用意しております。
お問合せください お問合せください Prediction Oneクラウド版の体験版を14日ご利用いただけます。

Perswell 株式会社DATAFLUCT

株式会社DATAFLUCTが提供する「Perswell」は、いちから開発不要のサービス型AI需要予測サービスで、安価に高精度の需要予測を実現します。数百商品の手動での需要予測を自動予測にすることで、業務時間を3割削減することも可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
SKU数や予測頻度、商材によって異なるため、
個別見積もりとさせていただいています。
SKU数や予測頻度、商材によって異なるため、
個別見積もりとさせていただいています。
なし なし

AI生産スケジューラ 最適ワークス 株式会社スカイディスク

株式会社スカイディスクが提供する「AI生産スケジューラ 最適ワークス」は、AIが最適な生産計画をサクっと立案します! エクセル・手書きの手間から開放 月額5万円から利用できる

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
【アカウント/月額】
ライトプラン :50,000円
ベーシックプラン :150,000円
※1年契約プランの場合、すべて税抜き価格です。
※工場・現場ごとのアカウント発行を想定、1アカウントで複数ユーザーがご利用いただけます。
【初期設定サポート費用】
ライトプラン :90,000円
ベーシックプラン :150,000円
※1年契約プランの場合、すべて税抜き価格です。
お問合せください お問合せください

AIモデル開発 株式会社 pluszero

株式会社 pluszeroが提供する「AIモデル開発」は、お客様の業務課題解決に即したご提案~PoC検証~AIモデル作成をワンストップでご支援します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
12
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

需要予測機能比較表

製品名

UMWELT

需要予測AI開発・コンサルティングサービス

Liaro需要予測AI

AI導入/DX推進サービス

Prediction One

Perswell

機能

専門的な知識がなくても、さまざまな数量を予測でき、 日常業務で使用するExcelデータと連携することによりCSVをAI化し、 業務を効率化できるノーコード予測AIです。

POSデータや会計データを活用した売上予測など、貴社の課題に合ったモデル開発が可能です。

欠品によるチャンスロスの最小化と同時にフードロスや衣服ロス等の削減を実現

ABEJA Platformを基盤にした、基幹業務へのAI導入

専門家でなくても簡単に操作でき、 データから予測を算出するソフトウエア

利用料金 お問合せください 月額150万円〜400万円 お問合せください お問合せください デスクトップ版 / クラウド版
それぞれプランをご用意しております。
SKU数や予測頻度、商材によって異なるため、
個別見積もりとさせていただいています。
初期費用 お問合せください なし お問合せください お問合せください お問合せください SKU数や予測頻度、商材によって異なるため、
個別見積もりとさせていただいています。
無料プラン お問合わせください お問合わせください
無料
トライアル
お問合わせください お問合わせください お問合わせください
製品リンク 「UMWELT」の
詳細はこちら
「需要予測AI開発・コンサルティングサービス」の
詳細はこちら
「Liaro需要予測AI」の
詳細はこちら
「AI導入/DX推進サービス」の
詳細はこちら
「Prediction One」の
詳細はこちら
「Perswell」の
詳細はこちら

需要予測の機能・用語解説

AI・DX用語集
機能名・用語 解説
売上予測 これまでスタッフが手作業で行っていた売上予測作業をシステムに代行させることで、豪雪などの気象データを加味した上での高精度な需要予測が可能になります。
蒸気量需要予測 AIを導入し、蒸気の需要量を予測するモデルを構築することによって、工場内で発生する蒸気ロスを削減したり、過剰な電力消費を抑制したりといった省エネルギーが期待されています。
人流予測 訪問数推計や周辺POIへの訪問状況に加え、気象情報(天気、最高気温、体感温度など)、説明変数(要因)も利用し、任意の地点・エリアの訪問者数・人流変化を予測することができます。
ダイナミックプライシング 日々の販売実績などを踏まえた上で、試合当日まで需要予測を行いながらチケット価格を変動させていくことができる技術です。需要が少ない座席に関しては価格を下げることで、需要のバランスを保ちます。
電力需要予測 電力会社が保有している消費電力などの最新のデータと、ウェザーニューズの気象データを活用し、AIが30分ごとに学習を繰り返して電力需要を予測していくというものです。
配送ルート最適化 物流や食品といった業界で日常的に発生する配送業務において、「どの車両が・どのような順で・どの経路で配送するべきか」を計算し、配送ルートを作成していく技術のことを指します。
発注予測 通常より多く売れる期間でも発注量をコントロールできるシステムです。商品の売れた数量だけでなく、価格も注目することで、セール中の過剰な発注を防げるようになります。
AIタクシー エリアや気象状況、曜日、時間帯、イベントの有無などによって、今後30分間のタクシー需要をリアルタイムで予測するという機能を持つタクシーです。予測に応じたスムーズな配車を行っています。
SCM(サプライチェーンマネジメント) サプライチェーンは原材料の調達から商品が消費者に渡るまでの生産・流通プロセスです。プロセスと「情報の流れ」を結びつけ、全体で情報を共有することで全体最適化を図っていきます。
簡単1クリック 簡単1クリック

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

ツール導入目的を明確化

昨今、需要予測AIを導入する企業が増えており、特に製造業や飲食業での成功事例を耳にして導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。需要予測AIの成功事例はたくさんありますが、やみくもに導入しても思ったような成果は得られません。

予測結果は事業判断の基となる重要な要素になりますので、注意点をしっかり理解した上で導入を進めることが大切です。また、ツール導入の目的を事前に明確化しておくことで、より効率的に導入を進めていくことが可能になります。

まずは自社で抱えている課題を洗い出し、その課題をもとに「導入する目的」を明確なものにしていきましょう。

目的に合ったツールの種類・手法を選定

目的を明確化できたら、次にその目的に合うツールの種類・手法を選択していきます。需要予測AIの種類としては、大きく下記の3つに分類されるため、それぞれの特徴を見極めながら選択していくと良いでしょう。

  • 既存商品の需要予測
  • 新商品の需要予測
  • 長期的な需要予測

なお、それぞれに用いられる手法はさらに細かく分けられますので、専門家に相談しながら検討していくことをおすすめします。

導入費用の見積もり

目的内容に応じて、利用する機材は大きく異なります。また、選定した手法によってもコストは大きく変化する傾向がありますので、事前に導入費用の見積もりを取ることが大切です。

どれだけ良い機能を搭載しているサービスでも、導入コストが予算を大幅に上回ってしまえば意味がありません。自社の予算と照らし合わせながら、最適なサービスを選択していくことが重要です。

データ収集

見積もりを終えたら、次に需要予測AIに必要不可欠な「データ収集」を行っていきます。需要予測を行う上で必要となるデータの定義付けを行ったり、データ有無の確認を行ったりしていきます。

モデル構築

データ収集を終えたら、次にモデル構築を行っていきます。AIに収集したデータを学習した上で、モデルの精度を検証していくため、非常に重要な段階といえるでしょう。

Poc検証

モデル構築を終えたら、PoC検証によって需要予測AIの有効性をチェックしていきます。PoC検証によってチェックするのは、主に「実現性」「効果とコスト」「具体性」などです。

導入・運用開始

PoC検証によって再現性が確認できたら、いよいよ導入・運用へと進んでいきます。現場に需要予測AIを設置し、新しい業務工程へと浸透させていきます。必要に応じて、再学習によって改善を図る必要もあるでしょう。

需要予測システムのメリットやデメリット

では、実際に需要予測システムを導入した場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか。また、どのようなデメリットが生じる可能性があるのでしょうか。メリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

●需要予測システムのメリット

需要予測システムのメリットとして挙げられるのは、主に以下の3点です。

・高精度かつ多目的変数にも対応できる

需要予測AIを利用するメリットの一つとして挙げられるのが、高精度の予測を実現できるという点です。AIは膨大なデータを蓄積することで、高い精度での分析・予測を実現できます。そのため、需要予測においても、従業員の経験や勘といったものに頼った予測以上の高精度を実現できるのです。

・業務効率化を実現できる

需要予測AIを導入すれば、これまで手作業で行われていた需要予測をすべて自動化できるため、従業員は別の業務に集中することができるようになります。それにより、さらなる生産性向上が期待できるのです。

・在庫量を最適化できる

商品を扱う上で、在庫量を最適化することは極めて重要です。しかし、最適な在庫量を予測することは決して簡単ではありません。需要予測AIであれば、過去の売り上げや顧客属性、天候、為替といったさまざまなデータを活用して分析するため、より高精度な予測を行うことができるのです。

●需要予測システムのデメリット

一方、需要予測システムのデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

・導入初期はデータ量が乏しく予測精度に懸念がある

AIは、蓄積されたデータをもとに分析・予測を行っていく仕組みです。そのため、データ量が少ない導入初期は、どうしても予測精度に懸念が生まれます。もちろん、継続的に使用していくことでデータは蓄積されていくため、日々精度を向上していくことは可能です。

ただし、導入初期の段階から高い精度を実現できるとは限らない点は、一つのデメリットといえるでしょう。最近では、データ収集の代行サービスを提供する企業も増えているため、それらを活用していくのも一つの手段といえます。

・想定外の事態には対応できない

需要予測には「想定外の事態には対応できない」という問題があります。予想外の事態に直面した場合、事前の計画とは異なる方針で生産調整を行わななければなりません。そのため、欠品などのトラブルに対して冷静に対応できず、販売機会を失ってしまう可能性があるのです。

分析対象となるデータが少ないときほど、想定外の事態に直面してしまう可能性は高くなるため、しっかりとデータを蓄積することが重要といえます。

需要予測システム導入後の注意点や運用のポイント

需要予測システムを導入する際は、事前に目的を明確化することが重要であるということがお分かりいただけたかと思います。ただし、需要予測は導入がゴールというわけではありません。導入後にも注意しなければならないポイントが存在します。

たとえば、AIによる需要予測の結果と実際の需要が乖離した場合、検証を行い需要予測モデルへ反映する必要があります。継続的に「検証」と「改善」を行うことが、精度の向上には欠かせません。運用をして行く中で検証と改善を繰り返し行っても乖離が収まらない場合は、下記の可能性を考慮しましょう。

●誤差

AIの予測精度を高めても100%になることはなく、予測結果と実測値との間には必ず差が生じます。あまりに差が大きい場合は学習データ不足等の問題が考えられますが、そうでない場合は誤差となります。誤差が生じる要因としては、AIの精度に関わらず事前にデータを学習させることができない下記のような不測の事態が考えられます。

  • 異常気象の発生や災害の発生
  • 競合他社の新製品発売

取引先都合の発注の増減精度を上げるためには誤差が生じた結果もAIに学習させるとよいでしょう。

●異常値

異常値とは、通常時との差が大きい値のことです。異常値のデータをそのまま学習させると、予測精度を低下させるおそれがあります。例えば、メディアに取り上げられトレンドとなった場合や、キャンペーン中だった等の理由で一時的に売り上げが急増したときなどのデータは異常値にあたることがあります。そのような異常値は補正処理をして扱うとよいでしょう。

予測AI・データ分析サービス比較表

アイスマイリーでは、予測AI・データ分析サービス選びの際に役立つ「予測AI・データ分析サービスの料金・機能比較表」を無料で配布しております。この資料は、予測AI・データ分析サービスの比較や検討がしやすいよう、製品別に特徴なども一覧化しています。導入を検討の際には、是非こちらの予測AI・データ分析サービス比較表をご活用ください。

予測AI・データ分析サービス比較表を無料でダウンロードする

予測AIカオスマップ

数ある予測AIの中から「自社の課題」や「導入の目的」にあった予測AIを選び出すのは容易ではありません。そんな時に役立つのが、目的別にセグメントされた予測AIカオスマップです。

上記をご覧いただくと分かるように、予測AIは大きく分けて8つにセグメントできます。この便利なカオスマップは、以下の「予測AIカオスマップを無料でダウンロードする」ボタンより無料でダウンロードできます。お問い合わせ内容欄に「予測AIカオスマップ 2021」と記載の上、ご送信下さい。

予測AIカオスマップを無料でダウンロードする

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。