DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード
企業名:株式会社フライウィール カテゴリ名: AI受託開発 製品名:Conata(コナタ)

お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
お急ぎの方は、まずお電話で03-6452-4750

お客様のデータとビジネス成果を
最速で結びつける

Conata(コナタ)

フライウィールが提供する「Conata(コナタ)™️」は、経営課題をデータの力で解決するデジタルビジネスプラットフォームです。AIとシミュレーションによってデータドリブンな事業運営を実現します。

3つのPOINT

  1. POINT01

    素直でないデータも"価値" に変換・接続

    活用困難だったデータも"価値あるデータ"として数日間で Conata に取り込めます。
    point1
    point1
  2. POINT02

    プラットフォーム活用により数分の一にコストを削減

    データ収集から検証まで必要な機能が揃っているため、ワンストップで実行可能です。
    point2
    point2
  3. POINT03

    安心・安全の企業間データ連携

    独自開発のデータクリーンルーム等でプライバシー保護とデータ連携を両立します。
    point3
    point3

お客様の状況やニーズに合わせた
ソリューションを提供します

  • 【メーカー向けソリューション】
    企画から販売までのデータや IoT データを横断的に活用し、変革を促進
  • 【EC・小売 ・ 流通向けソリューション】
    EC・小売・流通企業が持つ POS データや物流データなどを活用し、大きな変革をサポート
  • 【メディア・エンターテイメント向けソリューション】
    視聴ログデータなどを活用し、ロイヤルティを高めるパーソナライズされた顧客体験の構築を支援
  • 【金融サービス向けソリューション】
    業務可視化からパーソナライゼーション、新たなマーケティング基盤、リテールメディアをデータで実現
  • 【交通インフラ向けソリューション】
    顧客サービスの進化からリテールメディアなど新たな事業創出までデータの力で実現
  • 【Smart Cities 向けソリューション】
    ロケーションデータを活用した人流分析など、リアルとデジタルを結びつけ、データを活用した街づくりを支援

Conataのコアとなるデータ基盤と
オファリング機能について

Conataのコアとなるデータ基盤とオファリング機能について

データ基盤

企業内に点在する様々なデータをそのまま活用し、多様な課題に対応できるよう、柔軟かつ信頼性高くデータを収集・整備・変換します。あらゆるクラウドシステム、サーバー、ファイルタイプ、データ構造に対応可能です。
取り込みデータ例:企画・開発、在庫・配送、商品リスト、POS、陳列・演出

オファリング

データによるスピーディな課題解決を可能にする機能群です。ニーズに応じて組み合わせても、単体でも活用することができます。
オファリング機能例:計測、補完、情報検索、予測、レコメンデーション、シミュレーション

ご利用の流れ

  • ヒアリング・企画
    何からはじめていいかわからない方向けに、ヒアリングを通じて課題抽出から企画立案を実施します。
  • 価値検証(PoC)
    価値実証を通じて、コストを抑えてニーズの把握や効果検証をすることができます。そうすることで本導入・本開発にあるべき機能要件を確認します。
  • 本開発・改善
    価値検証で洗い出した機能要件に基づき、本番環境にデプロイします。加えて、新たなデータ追加による精度改善や、UX改善も推進できます。
  • 機能拡張
    本開発ではない範囲でデータ価値を拡張します。すでにデータ基盤を整えているため、コストを抑えてスピーディに新たな施策を実現できます。

お客様の声

会員データで店舗ごとの需要予測とAI自動発注を実現、返品率低減へ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
執行役員 BOOKSTORE Company社長 鎌浦 慎一郎 氏

フライウィールの開発チームはコミュニケーションをとても重視していて、レスポンスが非常に早く、高頻度かつ密度も高い実感があります。開発における「対話」は、大切なポイントだと認識しています。また、全国一律の基準でしか最適化されていなかった品揃えが、データ活用によって地域や個店単位で実現できる手法を知ることもできました。

利用料金

利用料金
お問合せください
初期費用
お問合せください
無料プラン
なし
無料トライアル
なし

よくある質問

Conataは他社製品とどのように違いますか?

データ変換・モデリングの独自技術「オントロジー化」や「統合検索技術」をベースとしている点が他社製品との違いです。それにより多様で膨大なデータを柔軟に扱うことができ、機械学習の範囲を拡大することで新しいデータパターンや傾向を明らかにできます。また、上記のように整備したデータ基盤から、売上や収益構造の改善に直結するオファリングまでがシームレスに連携可能なため、データの利活用までに時間と手間がかからないことも大きな特徴です。

導入企業はConataを利用してどのようにビジネスを強化していますか?

専任のコンサルタントが導入企業様ごとにデータの保有状況についてヒアリング/調査させていただき、目的ごとにConataを用いたソリューションのご提案をさせていただきます。たとえば、需要予測によるコスト削減、検索やレコメンドシステムを用いたユーザーエンゲージメントの向上、新規事業の立ち上げによる新たな収益源の確立などがあります。

Conataはどのようなデータを収集・蓄積・管理できますか?

サイト/アプリのイベントログ、商品マスタ、ID-POS、位置情報など、実現したいソリューションに必要なあらゆるデータをConata上で管理することができます。非構造化データ(表形式ではないもの等)や不揃いなデータ(カテゴリや部門ごとに保有形式が異なる等)でも、ぜひ一度ご相談ください。弊社独自のオントロジー技術を用いることで、活用可能な状態に整備いたします。

Conataは、どうやって顧客の保有データを取り込みますか?

ありのままのデータをお預けいただくだけで、あとはConataがデータ整備・統合・変換を実現します。あらゆるクラウド システム、ファイルタイプ、データ構造に対応可能です。お客様内でのスキーマ変更などデータ加工手続きは不要です。
ご提供いただきましたデータを半自動的に読み解き、活用可能な状態に格納いたします。また、データの接続方式もお客様がご対応しやすい方式で実施いたします。

Conata導入までどれくらいかかりますか?

解決したい課題と優先度に応じてスケジューリングします。標準的な進め方は現状の問題分析や実施する要件設計を行うコンサルティング期間を経て、2-3ヶ月程度です。

Conataのセキュリティ対策について教えてください。

フライウィールでは情報セキュリティ方針を策定し、ISMSを構築・運用し、当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、継続的改善を全社を挙げて取り組んでいます。 弊社ではお客様からお預かりする個人情報を含む多くの情報資産を保管・活用しており、すべてのステークホルダーの期待に応えるために、これらの情報資産を安心安全に保護する事は、経営上の最重要課題であると認識しています。

Conataはどんなツールと連携できますか?

必要なデータを必要な形式・頻度で連携可能です。一例として、以下がございます。
・Webサイトをパーソナライズするために、レコメンドスコアや表示するアイテム情報を配信システムに連携
・発注数を自動的に算出した統計データをお客様のシステムにあるダッシュボードに連携・可視化
まずはお客様の活用されたい目的をお聞かせください。

製品概要

Conata(コナタ)

製品説明

フライウィールが提供する「Conata(コナタ)™️」は、経営課題をデータの力で解決するデジタルビジネスプラットフォームです。AIとシミュレーションによってデータドリブンな事業運営を実現します。

カテゴリ
目的
  • Webマーケ
  • データ分析
  • 離脱防止
  • CVR改善
  • DM
  • レコメンド
  • 問い合わせ対応
  • パーソナライズ
  • 受付
  • 販売
  • 業務改善(効率化)
  • プロモーション
  • ブランディング
  • 品質・保全支援
  • コスト削減
  • お客様の声(VOC)分析
  • 作業品質改善
  • 接客
  • ポジショニングマップ
  • マッチング
  • AI人材育成・教育
  • マーケティング
  • 営業支援
  • 広告最適化
  • サイト運営
  • 異常検知
  • 画像分類
  • 売上アップ
  • 満足度向上
  • ユーザーエクスペリエンス向上
  • 販売促進
  • 店舗・イベント集客
  • 出退店計画
  • アノテーション作業請負業務
  • 顧客分析
  • AI研究開発支援
  • 付加価値
  • 物件の価値向上
  • コミュニケーション
  • 予測
  • 意思決定の高度化
  • コールセンター
  • 離職低減
  • 育成支援
  • 感情認識・感情解析
対象業界
  • 流通
  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 旅行
  • コールセンター
  • バックオフィス
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • EC
  • Webサービス
  • 医療
  • 広告
  • コンサルティング
  • インフラ
  • メンテナンス
  • 建設
  • サービス
  • 通信
  • 食品
  • メディア
  • 官公庁
規模
  • 大企業向け

会社概要

株式会社フライウィール

住所
〒102-0083東京都千代田区麹町2丁目5−1半蔵門 PREX South
資本金
100,000千円
設立年月
2018年2月
従業員数
85名(2024年2月現在)
事業内容
フライウィールは、データ活用を推進する企業の挑戦に伴走し、成長を約束するデータ専門のプロフェッショナル集団です。企業のニーズに応じて、データ戦略立案からシステム構築・導入、活用支援を迅速に実現します。

AI受託開発の関連製品はこちら

product-logo

AI 受託開発・導入支援

AI 受託開発・導入支援

株式会社アイメソフト・ジャパン
product-logo

DAI Labsの研究開発サービス

DAI Labsの
研究開発サービス

DAI Labs株式会社
product-logo

Techies生成AI

Techies生成AI

Tokyo Techies 株式会社
product-logo

AI・DXコンサルティング事業 LLM・ChatGPT

AI・DXコンサルティング事業 LLM・ChatGPT

株式会社Kiei

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら