DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード
企業名:株式会社PKSHA Workplace カテゴリ名: チャットボット 製品名:PKSHA AI ヘルプデスク for Microsoft Teams

お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
お急ぎの方は、まずお電話で03-6452-4750


社内問合せからFAQを自動生成する

PKSHA AI ヘルプデスク
for Microsoft Teams

全社の社内問合せをTeams上に集約するAIヘルプデスク
PKSHAが提供する「PKSHA AI ヘルプデスク for Microsoft Teams」は、問合せ履歴からのFAQ自動生成やチャットボットによる自動応対をTeams上でワンストップで実現できるサービスです。

3つのPOINT

  1. POINT01

    社内問合せをTeams上に集約。対応の可視化と効率化を実現

    Teams上に問合せ窓口を設置。集約した問合せのエスカレーションやチケット管理をTeamsアプリ内で実現。また、チームごとの問合せ対応数や解決数をダッシュボード上で確認することも可能です。
    point1
    point1
  2. POINT02

    蓄積した対話データをAIが学習し、ナレッジ化

    蓄積した有人対応ログをAIが分析。対話データからQとAを抽出し、GPT-4モデルのAPIと連携しFAQを自動生成。FAQ 0件の状態からAI ヘルプデスクの構築/運用が可能です。
    point2
    point2
  3. POINT03

    学習したナレッジを活用し、問合せに自動応対

    累計3億回以上の対話データを学習したAIエンジンにより、あらゆる表現の揺れに対応。高度な日本語理解能力を持ったAIチャットボットが問合せへの自動対応を実現します。
    point3
    point3

社内問合せの工数を削減し、
必要な情報へのアクセス率をUP

  • 社内問合せの業務負荷が高く、定形問合せが多い
  • 社内問合せのチャネルが乱立しており、特に電話の負荷が高い
  • 社内ナレッジやマニュアルが蓄積できておらず、属人化している
  • チャットボット・FAQサイト・社内マニュアルが、社内に浸透しない。
  • 上記ツールの運用やメンテナンス負荷が高い

PKSHA AIヘルプデスク for Microsoft Teams なら、普段使用しているTeamsアプリを社内問合せの窓口としてシームレスに利用開始できます。対応した問合せの履歴から質問と回答のエッセンスを抽出し、ChatGPTを用いてFAQを自動生成すると共に、AIチャットボットが自動回答に対応。使えば使うほど賢くなるため、社内問合せをする側、回答する側両方の工数を削減します。

PKSHA AI ヘルプデスク for Microsoft Teamsimg01

問合せチャネルをTeamsに集約。
導入コストも軽減できます

FAQ管理/運用

  • 有人チャット履歴からFAQ自動生成
  • 一問一答でのAI自動応答
  • シナリオ(選択式)回答
  • 独自辞書データ ほか

FAQ管理/運用

有人チャット

  • 有人チャットでの問合せ/受付機能
  • 問合せ手段選択
    (チャット/Temas Phone/Web会議)
  • 問合せ部署選択

有人チャット

問合せ管理

  • 対応ステータス管理
  • 過去対応履歴管理/検索
  • 複数チーム対応 ほか

問合せ管理

FAQゼロでも導入可能!

メールや社内マニュアルなどドキュメントからFAQを自動で生成しますので、FAQが無くても利用可能です。
また、利用設定手順書や、ご導入サポートまで、充実したオンボーディング支援を提供しており、本番リリース後は社内への定着に向けたサポートも一緒に伴走いたしますので、導入時点から運用スタート後まで安心してご利用いただけます。
本番リリース後は社内への定着に向けたサポートも行います。

担当者の声

ハイブリッドワークが進む中、従業員間のコミュニケーションにおいてもDXが進み、チャットボットやFAQシステム、マニュアルツールの導入が各企業で加速している一方で、導入時のFAQの作成や、複数チャネルからの問合せ管理等、利用促進における全社への周知等、そのメンテナンスコストや定着化に課題を感じる企業は少なくありません。

そうした課題解決のために、質問者(現場)と回答者(管理者)双方が、運用コストも極限まで軽減すると同時に回答精度や品質が向上でき、大手企業のビジネスインフラとなるMicrosoft Teams上に簡単に導入できる仕組みが「AI ヘルプデスク for Microsoft Teams」になります。

高い日本語認識能力により数百社以上の大手企業様に幅広い導入実績を持つ、PKSHAグループ企業だからこそ提供出来るサービスです。

利用料金

利用料金
お問合せください
初期費用
お問合せください
無料プラン
お問合せください
無料トライアル
POCあり

PKSHA AI ヘルプデスク
for Microsoft Teams

製品概要

PKSHA AI ヘルプデスク for Microsoft Teams

製品説明

全社の社内問合せをTeams上に集約するAIヘルプデスクPKSHAが提供する「PKSHA AI ヘルプデスク for Microsoft Teams」は、問合せ履歴からのFAQ自動生成やチャットボットによる自動応対をTeams上でワンストップで実現できるサービスです。

カテゴリ
目的
  • 問い合わせ対応
  • 業務改善(効率化)
対象業界
  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • Webサービス
  • 通信
  • メディア
  • 官公庁
規模
  • 大企業向け
  • 中小企業向け

会社概要

株式会社PKSHA Workplace

住所
〒113-0033 東京都文京区本郷2-35-10 本郷瀬川ビル4F
資本金
250百万円
設立年月
2016年10月
従業員数
-
事業内容
PKSHA Technologyが100%出資し、自然言語処理を専門で取り扱う会社として設立。
対話エンジンサービスを中心に自然言語処理ソリューションをエンタープライズ企業様に提供しています。

チャットボットの関連製品はこちら

product-logo

Prompt Agent

生成AI導入・
開発サポートサービス
Prompt Agent

株式会社スニフアウト
product-logo

SELFBOT Built with GPT 顧客対応

SELFBOT Built with GPT
顧客対応

SELF株式会社
product-logo

DECA カスタマーサポート

DECAカスタマーサポート

株式会社ギブリー
product-logo

OfficeBot

OfficeBot

ネオス株式会社

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら