DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
企業名:株式会社マクニカ カテゴリ名: 需要予測 製品名:メニュー販売数予測CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting
メニュー販売数予測
CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting

CrowdANALYTIX for Food Menu Forecastingは、
外食・中食企業の提供するメニューの販売数を予測するフルカスタマイズ型のAIサービスです。
メニューの販売数を予測することにより、食品ロスの削減や発注の最適化等の事業課題の解決に貢献します。

3つのPOINT

  1. POINT01
    店舗別に異なる特性や条件も考慮した高い精度の予測AIモデルを作成
    point1
    point1
  2. POINT02
    現場で継続利用できなければ意味がない!AI導入後の精度維持・向上も継続支援
    point2
    point2
  3. POINT03
    メニュー毎の販売数を精度高く予測し、廃棄ロスの削減・発注の最適化に貢献!
    point3
    point3

どのような業務上の課題を解決してくれますか?

  • 食材発注業務が担当者の経験と勘に依存しており、過剰発注が発生している
  • 食材の過剰発注や作り過ぎにより廃棄ロスが発生している
  • 経験と勘に基づいた需要予測で発生する予実差により、予測結果に応じて立てるシフト計画にもズレが生じる

製品・サービスの機能や特徴

メニュー販売数の変動に影響のあるデータを活用

メニュー販売数に対して影響のある以下のようなデータを活用します。

  • 内部データ:販売実績データ(POS)、メニューデータ等
  • 外部データ:天候データ、カレンダーデータ等
    ※その他SNS、Google検索など活用したいデータがございましたら、ご自由にご相談ください

メニュー販売数予測 CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting

販売予測_差込

複数店舗に展開した場合も精度を維持し続ける、豊富なAI運用リソース

メニュー販売数の予測結果は、発注、仕込み、シフト管理等の様々な業務に対して影響を与えます。
しかし、多店舗に予測AIを展開した際に、AIの精度を維持し続けられず、他の業務に対してネガティブな影響を与えるリスクがあります。
マクニカでは、多店舗に予測AIを展開した場合も、各店舗のAIを運用し続ける豊富なリソースを活用することで、現場で利用し続けられる体制を構築します。

メニュー販売数予測 CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting

担当者の声

マクニカのAI事業は、「海外に集中しているAI活用の知見や経験を日本のお客様の為に活用する」ことを目的に、海外のデータサイエンティストのリソースを活用しながら日本のお客様の経営課題・事業課題の解決をご支援しております。
メニューの販売数予測は、発注業務・仕込み業務・シフト管理業務など、様々な業務に対して影響を与え、最終的には外食・中食企業のコストの多くを占めるF/Lコストにも影響が出て参ります。その為、現場の担当者はこれまでの経験から必死に需要予測を立てておりますが、どうしても属人化が発生しており、標準化することが難しい状況となっております。
弊社が、店舗別に予実差がバラバラになっている予測結果を標準化できるように複数店舗でご利用いただけるメニュー販売数予測のソリューションをご提供することで、食品ロスの削減や発注の最適化等、多くの外食・中食企業の経営課題・事業課題の解決のご支援の一助となればと存じます。
現状の需要予測関連の課題感がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

利用料金

利用料金
-
初期費用
-
無料プラン
-
無料トライアル
-

メニュー販売数予測
CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting

製品概要

メニュー販売数予測CrowdANALYTIX for Food Menu Forecasting

製品説明

CrowdANALYTIX for Food Menu Forecastingは、 外食・中食企業の提供するメニューの販売数を予測するフルカスタマイズ型のAIサービスです。メニューの販売数を予測することにより、食品ロスの削減や発注の最適化等の事業課題の解決に貢献します。

カテゴリ
目的
  • 業務改善(効率化)
  • 作業品質改善
  • 予測
対象業界
  • 小売
  • サービス
  • 食品
  • その他
規模
  • 大企業向け

会社概要

株式会社マクニカ

住所
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
資本金
111億9,426万8千円
設立年月
1972年10月30日
従業員数
3,499名(2021年3月31日現在)
事業内容
マクニカは創業以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。近年は、従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。

需要予測の関連製品はこちら

product-logo

MatrixFlow

ドラッグ&ドロップであなたがデータサイエンティストに。

株式会社MatrixFlow
product-logo

UMWELT

UMWELT

株式会社トライエッティング
product-logo

SENSY MD

数万アイテム一つひとつの売上を顧客単位で需要の予測が可能

SENSY株式会社
product-logo

PriceRobo

PriceRobo

株式会社エーエヌラボ

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら