AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

通訳・翻訳   AI翻訳ラボ 株式会社アスカコーポレーション

コトバで人々の生命と健康を守る

ASCAでは、AI翻訳を活用するための取り組みを続けています。
私たちの翻訳サービスをより向上させるため、またお客様のニーズにより高い水準で応えるため、
積極的にこの新しい技術の導入を進めています。

3つのPOINT

  1. POINT01
    point1
    翻訳スピードの迅速化や品質の安定化
  2. POINT02
    point2
    高品質な翻訳成果物を提供
  3. POINT03
    point3
    根拠に基づいたメソッドとストラテジーを提案

AI翻訳とは

AI翻訳ラボ01

AI翻訳は、機械翻訳または自動翻訳とも呼ばれ、言語をコンピュータを用いて変換する技術です。近年になってAI翻訳と呼ばれるようになったのは、その基盤技術として人工知能(AI)を用いているためです。

かつての機械翻訳は、長い文章の処理は苦手であり、いかにも機械が処理したようなぎこちない翻訳文しか出力できませんでした。しかしAIの代表的技術である深層学習(ディープラーニング)を取り入れることによって、翻訳文の流暢さがあたかも人間が使う言葉のように改善されました。また長い文章の翻訳精度も向上しています。

AI翻訳は多くのウェブブラウザに採用され、海外のウェブサイトを閲覧する用途など一般の人にも幅広く使われるようになってきました。もちろんどのような言語、いかなる文章でも完璧に訳せるというわけではありませんが、多言語コミュニケーションの可能性を広げる次世代のツールとして期待されています。

AI翻訳と人間の翻訳

AI翻訳は翻訳の結果に対して責任を持つことは難しいということです。たとえば天気予報が外れたとき、晴れ予報なのに雨が降り出してきて傘を持っていなければとても困りますね。しかしだからといって天気予報を発表したテレビ局やウェブサイトにその都度クレームをつけるわけにもいきません。AI翻訳も同じで、なるべく精度の高い予測を目指してはいるものの、ひとつひとつを見れば誤訳だということは往々にしてあります。天気予報だと、降水確率のように予測の確からしさをパーセントで表しています。AI翻訳では現在のところそのような技術はまだ研究途上ですが、それがわかれば誤訳になっていそうなところを気をつけて読むというようなリスク回避はできるかもしれませんね。

では翻訳は無責任な仕事でいいのかというと、決してそうではありません。翻訳によって伝えられる情報の中には、私たちの安全や健康につながる重要なものもあり、誤訳が許されない局面は確実に存在します。例えば海外で作られた機械の操作マニュアルや薬の用法・用量に誤りがあったら、安心して使うことができませんね。そのようなときこそ、人間の出番です。本当に伝達するメッセージの正確性が求められる場合は、言葉の意味を理解でき、適切な表現をすることができる翻訳の専門家が翻訳した文書を用いることが望ましいです。また、AI翻訳を使う場合にも、最低限人間が内容の妥当性をチェックする必要があります。

AIは現状では「完璧」な技術ではありませんので、人間側にもその特性を理解してうまく活用していく意識が重要です。

AI翻訳の品質

AI翻訳ラボ02

AI翻訳の翻訳品質が劇的に向上したのは、深層学習(ディープラーニング)と呼ばれるAI技術の貢献が非常に大きいです。深層学習は人間の脳神経ネットワークを模した多層構造の計算アルゴリズムであり、既存のデータからその特徴を学び、階層構造を持った推論モデルを作ります。翻訳だけでなく、他の自然言語処理や音声・画像処理にも幅広く活用されています。

AI翻訳を開発するには、この深層学習モデルを構築するための大量の学習データが必要になります。翻訳の学習に使うのは翻訳のデータです。すなわち、2言語がペアになった文章(パラレルコーパス)を用意することになりますが、その量と質がAI翻訳の品質を左右します。

一般に利用されているAI翻訳システムは、ウェブ上などから大量の学習データを取得していることが多いのですが、そのデータは特定の分野や用途に合わせたものではありません。したがって、これらのシステムでは特定の分野、特に専門性の高い分野ではあまり翻訳精度は高くなりません。専門分野固有の語彙や表現をうまく出力するには、それに合わせたパラレルコーパスを用意し、学習させる必要があります。

AI翻訳と関連技術

AI翻訳は技術的には機械翻訳と呼ばれ、自然言語処理技術のひとつの応用型となります。自然言語と言っても、大学の文学部などで取り扱う言語学ではなく、コンピューターサイエンスに含まれます。つまり自然言語というのはコンピュータ言語に対する言葉であって、人間が用いる言語をどのようにコンピュータ上で表現するかということを追求する学問になります。

自然言語処理技術のなかでも、AI翻訳はいちはやく社会実装が進んだ技術のひとつです。そして同時に、とくにAI技術の進歩によって他の自然言語処理技術も盛んに研究が進んでいます。その最たるもののひとつが、検索技術でしょう。「ググる」という表現がもう定着してしまっているように、現代の生活で検索をすることは私たちの日常に溶け込みつつあります。かつては図書館に行って調べたりしなければいけなかったことが、いまではほとんどスマホからの検索で事足ります。そして検索技術そのものも、インターネット初期の頃は単純なテキスト検索しかできなかったものが、いまや画像検索、サジェスト検索など機能も格段に進歩しています。これらの進歩の背景には、AIを中心とした基盤技術の発展があるのですね。

ITとAI翻訳

AI翻訳はすでに私たちの日常に浸透していると言っていいでしょう。ウェブサイトを見ていても、外国語で書かれていれば翻訳アイコンをクリックすれば日本語に変換されますし、海外旅行をするときも翻訳機を持っていけばボタンひとつで私たちの代わりにしゃべってくれます。これらのことはスマホでもできるようになりつつあります。

ではAI翻訳はどこで何をしているのでしょう?AI翻訳が行っているのは膨大な計算です。人間のように文章の意味を理解し、外国語でそれに対応する表現を調べ…という方法で翻訳をしているのではなく、AI翻訳はテキストを数値に変換し、それを計算によって他言語に置き換える処理をしています。したがってAI翻訳の実体はその計算を行うためのAIアルゴリズムであり、それに基づいてコンピュータは演算処理をします。

そして多くの場合、翻訳処理はPCやスマホに内蔵の演算器を使うのではなく、外部サーバーに計算を任せています。PCなどの端末からは、翻訳元のテキストデータをインターネット経由で外部サーバーに送信し、翻訳結果をまた外部サーバーから受け取るという処理を行っています。なぜなら翻訳の計算量はきわめて膨大であり、そのために設計した高演算力を持つサーバーに処理を任せたほうがよいからです。このようなサービスはクラウドサービスと呼ばれます。「クラウド」という名前がかなり普及しているように、この仕組を利用したウェブサービスは現在の私たちの社会生活の基盤となっています。

このようにAI翻訳は機械的計算とインターネット通信を前提にした技術です。翻訳はかつては辞書と原稿用紙を用いた紙の仕事でしたが、いまではITインフラ環境と切っても切り離せない関係になっています。

利用料金

利用料金
お問い合わせください
初期費用
お問い合わせください
無料プラン
お問い合わせください
無料トライアル
お問い合わせください

コトバで人々の生命と健康を守る

製品概要

AI翻訳ラボ

カテゴリ
目的
  • 翻訳
対象業界
  • 医療
規模
  • 大企業向け
  • 中小企業向け

会社概要

株式会社アスカコーポレーション

住所
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル
資本金
3,000万円
設立年月
1995年4月
従業員数
/
事業内容
医薬・科学分野の翻訳 / 英文校正 / テープ起こし /
メディカルライティング / 企画・編集 / 通訳

通訳・翻訳の関連製品はこちら

product-logo

ライブ通訳

業界最安値のAI・映像通訳サービス、
レンタルスマホ+多言語通訳でインバウンド対応をサポート!

株式会社ビジュアルワークス
product-logo

WOVN.io

多言語化のすべての課題に答える翻訳ソリューション

Wovn Technologies 株式会社
product-logo

AI翻訳プラットフォームサービス「COTOHA Translator」

AI翻訳プラットフォームサービス
COTOHA® Translator

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
product-logo

AI翻訳ツール T-tact AN-ZIN®(ティータクト アンジン)

AI翻訳ツール T-tact AN-ZIN®︎(ティータクト アンジン)

株式会社十印

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら