DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

手厚いサポートと使いやすさで
入社 1 年目の社員がスムーズに運用

株式会社ホンダロック
AIカテゴリ
チャットボット
業種・業態
製造業
企業規模
-

株式会社ホンダロック 様

導入サービス:
WisTalk(ウィズトーク)

導入サービスについて更に詳しく知りたい方は
こちらより資料の請求いただけます。

手厚いサポートのもと、「WisTalk 」の導入により
問い合わせ数と対応時間が 1/2 に

ホンダロックのIT部門では、国内拠点の社員700名からの月200件もの問い合わせ対応に100時間かかっていた。窓口のヘルプデスクではなく、各システムの担当者へ直接問い合わせられ、本来の業務に集中できないという課題も。AI活用機運の高まりとともにAIチャットボットの検討を開始し、投資対効果の観点からWisTalkを選定した。ハードルになる「Q&A作成」やデータ改善のアドバイス、メンテナンスのポイントなどのフォローアップが月額費用に含まれておりスムーズに導入。WisTalk導入により月間の問い合わせ数、対応時間ともに半減できている。

パナソニック ソリューションテクノロジー導入事例

ITヘルプデスクへの問い合わせにおける課題

  1. 毎月200件に100時間。減らない問い合わせ
    問い合わせ窓口のヘルプデスクがあるが、 2次対応社である各システムの担当者へ直接問い合わせられ、本来の業務が止まる傾向に。
  2. スレッド形式の質疑応答。ナレッジを蓄積できない
    従来は、問い合わせへメールや口頭で回答していたため、Q&Aやナレッジが体系的に蓄積されておらず、FAQ や手順書を十分に整備できていなかった。
  3. 必要性を感じつつ、導入不可がハードルに
    AIによるチャットボットの必要性を感じつつも、導入にかかる手間やそれに見合う効果への疑問から導入に踏み切れなかった。

WisTalkでこう解決!

  • 直接問い合わせ件数・対応時間が1/2に
    200件に100時間100件に50時間へと半減し、各システム担当者への直接問い合わせがほぼなくなった。
  • FAQ や手順書をナレッジとして体系化
    AI チャットボットの導入をきっかけに既存の FAQ や手順書を体系的に整理できた。
  • 手厚いフォローでスムーズに導入
    専任担当によるきめ細かく手厚いフォローが月額費用に含まれており、導入の負担感を大幅 に低減できた。

サービスについて更に詳しく知りたい方は
以下より資料請求ください

この導入事例を読んでいる人におすすめのAIサービス

product-logo

CAT.AI

ボイスボット×チャットボットで
スマートなCXをデザインする
「CAT.AI」

株式会社トゥモロー・ネット
product-logo

さっとFAQ

月額1万円から”さっと”始める
FAQチャットボット

株式会社サンソウシステムズ
product-logo

KARAKURI chatbot

カスタマーサポート特化型AIチャットボット満足度No.1のKARAKURI

カラクリ株式会社
product-logo

BEDORE Conversation for Workplace

社内DXを後押しする、
高い日本語認識能力を持つ
高精度の独自AIを搭載したAIチャットボット

株式会社PKSHA Workplace

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら