AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

一般社団法人不動産テック協会が、2021年7月8日(木)カオスマップ部会によるオンラインセミナーにて不動産テックカオスマップ第7版を発表しました。
最新版の第7版には、446ものサービスが掲載されています。

 

このAIニュースのポイント

  • 不動産テック協会が不動産テックカオスマップ第7版を発表
  • 昨年比で94サービスの増加、合計446サービスを掲載
  • 利用イメージに合うサービスを見極めるために活用できる最新版データ

 

不動産テックとは、不動産×テクノロジーの略であり、テクノロジーの力によって、不動産に関わる業界課題や従来の商習慣を変えようとする価値や仕組みのことです。昨年比で94サービス増加し、最新版の第7版は446サービスが掲載されました。2017年の第1版発表以降、4年間で不動産テック市場は急速に拡大しています。
 

この1年間で、不動産テックサービスはしばらく増加の見られなかったVR・ARサービスの再増加する傾向が見られました。そのほか、データの蓄積や解析技術の向上による不動産情報サービスや価格可視化サービス、リモートワークの普及によるスペースシェアリングサービスがそれぞれ再増加傾向にあります。

また、基幹システム提供サービスの出現も注目されました。これまでは不動産テック企業のサービスが多い傾向にありましたが、最近では不動産事業者による不動産テックサービスが多く展開されています。キャラクターの使用など親しみやすいブランディングのサービスもあり、市場が大きく拡大していることが分かります。
 

 

不動産とテクノロジーの融合により多くのサービスが展開されています。自身の利用イメージに合うサービスがどれかを見極めるために、是非カオスマップを活用してみてはいかがでしょうか。

 

出典:PR TIMES
 
chatbot eBook

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら